【写真展】「イスラーム ヴェールの向こう」(4月26日~5月9日)

おかげさまで、無事終了いたしました。ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!

写真展「イスラームヴェールの向こう」を開催しています。(4月26日~5月9日)

常見藤代写真展 【イスラーム ヴェールの向こう】

20年間撮り続けたイスラム女性達の日常。歌あり踊りあり時にはデートあり、私達と全く変わらない暮らしを楽しむ女性たち。身につけるヴェールも色鮮やかでおしゃれ。髪や肌を露出した女性より魅力的に見えます。
現地の家庭に泊まって取材し、生活に入り込むことで見えてきた現実。そのポジティブな面に光を当て、「いつも真っ黒な服を着て、家に閉じこもっている」などステレオタイプ的イメージと違う、生き生きとした実像を紹介します。(出展予定枚数 カラー約32点)

開催期間:2018年4月26日(木)~5月9日(水)

     AM10:00~PM6:00(最終日はPM3:00まで)

     日曜、5月3日(木)~5月5日(土)休館 /入場無料

場所:アイデムフォトギャラリー「シリウス」

東京都新宿区新宿1-4-10  アイデム本社ビル2F (TEL:03-3350-1211)
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」から徒歩2分

開館日は、4月26、27、28、30日 5月1、2、7、8、9日です。
休館は4月29日、5/3、4、5、6日

 

【概略】

「抑圧されている」「いつも黒づくめの服を着て、人前に姿を見せない」。イスラム女性について、そんなイメージを持つ方も多いことでしょう。
 20年以上イスラム世界を取材してきた私の目には、全く違うように映ります。
 一緒に暮らして取材するのが私のモットーです。2003年からエジプトの砂漠で一人で遊牧生活を送る女性と暮らし、またイスラム圏各地で多くの家族と寝食をともにしてきました。そこで出会った女性たちは、日本でステレオタイプ的に語られるのとは異なる、活力にあふれ、日々の暮らしを謳歌する人がほとんどでした。 
 結婚式やおめでたい場では、思いきり歌い、踊る。イスラム圏の結婚式はどこも歌や踊りがメイン。そこで積極的に踊るのはもっぱら男性より女性です。仕事では男性を部下に持ち、組織を統括する女性も数多くいます。
 抑圧の象徴のように語られることが多いヴェールにしても、本来は美しい部分を大切な人にだけ見せるためのもの。髪は美しいものであり、不特定多数の男性に見せるものではないからです。外では地味に装い、家では夫のために赤い口紅をひく。それが彼女たちのスタイルなのです。

“Suppressed”, “Always wearing totally black and never showing up in public.” About Muslim women, I suppose many people have such image. It seems,however, completely different to me who have covered the Islamic World for more than 20 years.

It is my policy to interview people while living together with them. From 2003 I have lived with a woman who have been living a nomadic life alone in a desert of Egypt and with many families in various parts of the Islamic region.

Most of the women I met there were people who had been living with vitality and enjoying their daily lives, which are different from those stereotypically talked about in Japan.

They thoroughly sing and dance at a wedding ceremony or other happy occasions. Singing and dancing are the main part of wedding ceremonies in the Islamic area. Women dance more actively than men there.

Also, many women have male subordinates and supervise their organizations.

Veils, often regarded as a symbol of oppression, are to show women’s beautiful parts only to their husbands or close relatives. Since hair is essentially beautiful, it should not be shown to non-family males. Islamic women dress in plain outside their homes but put on a red lipstick for their husbands at home.

見所:家庭生活

チュニジアの結婚式でヘナの儀式。
結婚式はチュニジアの場合、約1週間行われます。初日がこのヘナの儀式。女性の親族や近所の人が新婦の家に集まって行います。

ヘナとは植物性の染料。おめでたい時にこれで手足に絵を描くのがイスラム圏の習慣です。手足にヘナを塗られた花嫁は、手足を布で包まれた状態でベッドに入ります。

 

子どもの宿題を見るお母さん(イラン・ヤズド)。
彼女は看護婦。

手前の教科書を入れるリュックがおしゃれですね。日本みたいにランドセルがないので、子供達はめいめい好きなリュックやバックを持って学校に行きます。

 

夕食の用意をする祖母と母・娘。(チュニジア・ベニアイッサ)
左のおばあさんが用意しているのは「バルコークシュ」。クスクス(世界最小のパスタ)をアレンジしたものです。
バルコークシュはチュニジア南部だけで食べられる料理です。

 

見どころ:音楽と踊り

イスラム女性

エジプトの結婚式で踊る女性。踊るのは圧倒的に男性より女性です。

イスラム女性の暮らしは歌と音楽が日常にあります。

 

野外で行われた結婚式(エジプト・カイロ)。エジプトでは結婚式は新郎or新婦の家の前で行います。そしてイスラム圏の結婚式のメインは歌と踊り。
12 月の寒空の下、花嫁は最初から最後まで踊りっぱなしでした。

イスラムでは「肌を露出してはいけない」というルールがありますが、おめでたい場では、そんなうるさいことはなしです。

こちらは、26日から写真展「イスラム ヴェールの向こう」(東京・新宿)に展示します。

 

親戚の家での集まりで踊る女性。最初はにこやかに談笑していましたが、音楽が流れ出すと、自然に踊り出す女性たち。

こちらはパキスタンの結婚式。やはりここでも結婚式に歌と踊りはつきものです。

見所:マイナスよりプラス


トマトの収穫をする女性たち(パキスタン・サッカル)。
最初はみんなうつむいてトマトを収穫していましたが、顔の表情も見えないし、面白くありません。

そこで、収穫したトマトの前に集まってもらいました。最初は恥ずかしがっていた女性たちも、シャッターを切るたびに生き生きと楽しそうな表情に。

 

イスラム女性

田植えをする女性(イラン・バボル)。

イランのカスピ海沿いでは、日本で少なくなった手植えが今も健在。カメラを向けると、すかさずポーズをとってくれました。
田植えの時期以外は、果物の収穫などで働いているそうです。

イスラムの女性たちも、私たちと全く変わらず活発に日々の暮らしを楽しんでいると思いませんか?

写真を撮る時は、マイナスよりプラス面にカメラを向けたいと思っています。女性なら美しさや生き生きとした姿です。 

イスラムの女性を撮るのは大変じゃないか? とよく言われますが、日本の女性と変わりません。大事なのはこちらも一緒になって撮るのを楽しむことだと思います。

【関連記事】
【写真展】「イスラーム ヴェールの向こう」(4月26日~5月9日)

イスラム女性のイメージが少しは変わりませんか?

 

【関連記事】
【写真展】「イスラーム ヴェールの向こう」(4月26日~5月9日)

【関連記事】

写真集「イスラーム ヴェールの向こう」を発売スタートしました

写真展「イスラーム ヴェールの向こう」見どころ(1)マイナスよりプラス・暗さより明るさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA