2007-05-08

日本人はなぜ砂漠に憧れるのか?

砂漠の写真を撮っているという女性が会場に訪れた。
わたしと色々と砂漠のお話がしたいと思った来ていらしたようだが、
私がそれほど砂漠が好きでないと知って、とても意外なようだった。
私が興味があるのは、もっぱら遊牧民で
遊牧民がいなかったら、私は砂漠には足を踏み入れなかったに違いない。

「あの雄大な砂丘を見て、感動しませんか」
と彼女は熱っぽくわたしに話かけるのだが・・・。

砂漠で遊牧民の取材を終えて帰るたびに、
車の中で無味乾燥な砂漠を見つめながら、
「こんな場所にひとりで置いてきぼりにされたら、一体どうなるのだろう・・・」
と思って、ゾッとする。
砂漠は決して憧憬や愛着のわく対象ではない。
むしろ恐怖やあきらめや退屈な感情を呼び起こす対象でしかない。

砂漠をしばらくドライブして、町や青い海の風景が目に入ってくると
一転して私の心の中は明るくなる。
そして遊牧民と砂漠で暮らした○日間の日々を振り返り、
ああ、いったい自分はこれまで何をやっていたのだろう・・・と
いつも思うのだ。

 
●常見藤代写真展
http://www.k5.dion.ne.jp/~fujiyo/
「Saieda-砂漠の荒野に生きる」
 2007年4月28日(土)~5月15日(火) AM9時~PM7時
 エジプトの砂漠で一人で暮らす遊牧民女性を4年間にわたって撮影したもの。

◆会場:共同通信社本社・ギャラリーウオーク TEL:xxx-xxx-xxxxx
http://topics.kyodo.co.jp/info2/gallerywalk/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!