砂漠でどうやって水を得ているか?

砂漠の遊牧民
遊牧民女性サイーダは、一人でエジプトの砂漠を移動しながら暮らしています。

砂漠での飲料水は泉か雨水です。

今年5月に会った時、彼女は雨水を飲んでいました。

半年前に雨が少し降り、それが地中にたまっているものです。

その雨水の泉へ行く途中、なだらかな丘陵を持つ小山を見ながら、サイーダさんはいいました。

「小さい頃、よくこういう山に登って砂まみれになって遊んだよ。顔や頭中に砂がついてね」

そんな時、母親によく怒られたそうです。

「あんまり遊び回るとそれだけのどが渇くからやめなさい。水もそんなにたくさんないんだからって。お母さんがどこかに行って居ないときは、そういうことを言われないから、うれしくて、思いっきり遊んで、たっぷり水を飲んだものさ」

私は小さい頃、「あんまり遊ぶとのどがかわくから、やめなさい」などと言われた記憶はありません。

幸福な幼児期を過ごしたわけです。

私はサイーダさんと砂漠にいるときは、遠慮しながら水を飲んでいます。

「ああ、早く町に帰って、思いっきり水が飲みたいなあ」と想像しながら。

こういう経験も、ふだん蛇口の水を出しっぱなしで歯を磨いている私にとっては、たまには悪くないかもしれません。

【関連記事】

砂漠のリアル・ノマドの暮らしとは?

 

【「女ノマド、一人砂漠に生きる」】
女性一人で砂漠を移動しながら暮らす遊牧民サイーダと暮らしたノンフィクション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA