砂漠の「さそりと毒ヘビ」対策

遊牧民

砂漠にたまった雨水を集める遊牧民女性。

先日知り合いと話していたとき、
「砂漠にはさそりとか毒ヘビもいるんでしょ。そういう対策ってどうやってるの?」
ときかれたました。

実は何もやっていません。

いつも「遊牧民といっしょだから大丈夫だろう」とか思っている。

それには何の根拠もない。だって毒ヘビに噛まれて亡くなった遊牧民もこれ

まで少なからずいるのだから。

幸い今まで一度も被害にあったことはないけれど、今後も大丈夫という保証はない。
ここは一つ何か対策を考えないと。。。

ヘビ対策グッズとかないかな。。。と都内のいくつかのスポーツ・登山用品店などに

問い合わせてみるものの、芳しい返事がもらえず・・・

ネットで毒ヘビ対策について調べてみると、

「せいぜい少し厚手のくつしたをはく、手袋をする。。など素肌を露出しないこと」

「素早く見つけて、近づかないこと」
とある。

結局は遊牧民が日常行っていること。

彼らは木の下などに来ると、地面を丹念に見て、ヘビの足跡がないかチェックする。

私もヘビの足跡をみつけられるようにならないといけませんね。

【関連記事】

砂漠のリアル・ノマドの暮らしとは?

 

【「女ノマド、一人砂漠に生きる」】

女性一人で砂漠を移動しながら暮らす遊牧民サイーダと暮らしたノンフィクション。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA