70歳、80歳まで健康でいられる秘訣は「歩く」こと

「生まれてから一度しか医者に行ったことがない。毎日きれいな空気の中を歩き回っているから

nomad-20

遊牧民女性サイーダは、ラクダ7頭連れ砂漠を移動しながら暮らしています。70歳を過ぎた今でも、毎日炎天下の砂漠を歩き回っている。

歩くことが健康への近道

食べるものは、ほとんど毎日パンと紅茶だけ。それに少しのタマネギやジャガイモなど、日持ちする野菜が加わるくらいです。決して「栄養豊富」ではありませんが、町で暮らす人よりよっぽど健康。

「よく歩くことと、よく眠ることは健康長寿ー老衰予防の一番手近な秘訣のようである。」
(「人生を豊かにする言葉」(本多静六))

本多静六氏は林学博士。これまで370冊以上の著作があります。
80歳を超えても1日2時間以上歩くのを日課にしていたそうです。

【関連記事】

砂漠のリアル・ノマドの暮らしとは?

 

【「女ノマド、一人砂漠に生きる」】
女性一人で砂漠を移動しながら暮らす遊牧民サイーダと暮らしたノンフィクション。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA