インドネシア ボロブドゥール

日常

近ごろ美味しいもの

(↑インドネシアのお菓子の屋台)

最近よく食べるのは「焼きバナナ」です。
小さな鉄のフライパンにオリーブオイルをたらし、そこに輪切りにしたバナナを並べて焼きます。

火が通ったバナナはトロトロになり、驚くほど甘くなる!

これをヨーグルトと混ぜたり、パンにのせたりして食べています。もちろんそのままでも。

この焼きバナナから、ある法則を発見しました。
それは「果物は火を通すと甘味が増す」ということ。

たとえばアップルパイのリンゴです。

中のリンゴには、たぶん砂糖はあまり使われていないんじゃないかな。熱したリンゴだけで十分に甘いので。

私は焼きリンゴもよく食べます。これもオリーブオイルで焼いて。
生のリンゴは酸っぱくて、あまり好きではありません。

まだ試したことはありませんが、梨や柿もきっと、焼いたら甘くなりそうですね。

              *

焼いたバナナといえば、インドネシアには「ピサンゴレン」という揚げバナナのお菓子があります。
ピサンは「バナナ」、ゴレンは「揚げる」です。

熟しているものではなく、熟れていない渋みが残るものを使うのですが、それでも、揚げたバナナはトロトロしてあま〜いのです。

揚げ物が大好きなインドネシア人に愛されているスイーツなんです。

揚げるのはちょっとめんどう、という人でも、私の作っている焼きバナナなら簡単にできますね。

甘いものが欲しいけれど、お菓子の食べ過ぎで太りたくない、という方は、ぜひ試してみてください。

関連記事

  1. ニンジン葉のチヂミ

    日常

    ニンジン葉チヂミのレシピ。簡単で栄養満点

    実は我が家は家庭菜園をしており、ニンジンを栽培しています。ニンジン…

  2. 日常

    春夏秋冬養鶏場(小田原・自然養鶏)を訪ねて

    しばらく前から、春夏秋冬養鶏場(小田原の自然養鶏農家)…

  3. 日常

    エリオット・アーウィットと彼女のパワー

    落ち込んでいても会ったり電話の声をきくだけで元気になれる人物というのが…

  4. 日常

    「狩人と犬」北極圏で自給自足生活を送る男の壮大ロマン

    やっとみました、「狩人と犬」。「皇帝ペンギン」でネイチャードキ…

  5. コロナ禍

    日常

    コロナ禍。それでもよかったこと

    コロナ禍は憂えるばかりではない、ということを記したいと思います。…

  6. 日常

    「100万円の家づくりー自分でつくる気の棲み家」の講習会に参加してみました

    家づくり講座に参加してきました。講師は、「100万円の家づくりー自…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  2. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  3. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!