日常

アルジャジーラ総局長顧問 サイード・シューリー氏の講演

富士通総研のセミナー「アルジャジーラから見た世界」に参加し、アルジャジーラ総局長顧問 サイード・シューリー氏の講演をきく。

サイード・シューリー氏の略歴。

パレスチナ出身。

パキスタンの大学で国際関係論などを学んだ後、カタールに移住。

長年カタールテレビの英語チャンネルでニュースを担当し、96年にアルジャジーラに設立要員として採用された。

 

9.11事件やイラク戦争など、アルジャジーラが最も注目を集めた時期に、現場の責任者としてニュースを作り続けた人物。

講演で興味深かったのは、やはり中東の平和を実現する鍵はアメリカにあるということである。

アメリカは、イランをアラブの脅威だと思わせ、自分たちの武器を買わせようとしている。

またイラクの混乱を終わらせるのもワシントン次第だが、このまま争乱が続けけば武器がどんどん売れるため、アメリカは終わらせたくない・・・ 
 

アラブの国でも、時にサウジの皇室の金銭問題などにふれたりするなどして、アルジャジーラの報道を快く思っていない国がある。

バグダッドの支局は3年前にアメリカのプレッシャーによって閉鎖された。

かいつまんでいうとこのような内容でした。

イラク戦争の時には、72日間局に泊まり込んで、その後病院の集中治療室に運ばれたという。

中東の未来を決して楽観視していなかったが、自由で独立したアルジャジーラの放送にプライドと熱意を注いでいる姿が、見ていてとても感慨深かった。

関連記事

  1. 預言者ムハンマド

    より良い人生

    願望を実現させる方法:夢をできるかぎり「具体化」すること

    以前、ある雑誌で人物インタビューを担当している編集者に会った時、「ぜひ…

  2. イランのスイーツ イランのアイスクリーム

    日常

    欲望は口に出せばかなうもの

    ●わたなしのイカ先日びっくりしたことがありました。いつも買い物に行…

  3. 日常

    写真や芸術分野に国境はない

    大学時代ゼミの恩師の喜寿を祝う会でゼミ生仲間が集まった。私たちのゼ…

  4. 新宿歌舞伎町エジプトカレー japan-tokyo-shinjuku-egyptcurry

    日常

    エジプトカレー(新宿・歌舞伎町)に行ってきました!

    「エジプトカレー」という店があることを知り、さっそく行…

  5. 日常

    映画「沈黙を破る」(土井敏邦)を見る。

    「沈黙を破る」というパレスチナのドキュメンタリー映画を見ました。…

  6. オマーン ミルバット

    日常

    「自分を甘やかす」ことができれば人生は何倍も楽になる

    このところほとんど外出らしい外出ができません。コロナのせいというよ…

最近の記事

  1. エジプトのマーケット
  2. エジプト・ソハーグ
  3. oman-game-man

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  2. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  3. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!