初めてさつまいもを収穫!さつまいも栽培が初心者にもおすすめな理由

my-sweetpotato-1

家庭菜園のさつまいもを収穫しました。

安納芋。さつまいもの中でいちばん人気があるおいも。
とにかく甘みが強く、おいしいです。

栄養価がすばらしい!

さつまいもは太ると思っていませんか? いえいえ、その栄養がすばらしいんです。

エネルギーになるでんぷんのほか、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、カロチン、ビタミンB1、B2、Eなどがふくまれています。

ビタミンCの量はみかんと同じくらい。しかも似たり焼いたりしてもこわれない形なのです。カリウムは余分な塩分を排出する働きがあり、高血圧予防に効果的。

食物繊維は、ごぼうの次に多い。食物繊維をたくさんとっていると大腸ガンになりにくいそうです。

スコットランド人の4倍の食物繊維をとるアフリカの人は、スコットランド人の10分の1しか大腸ガンにかからないそうです。

栽培は簡単

通販で苗を買いました。20センチくらいの長さの「茎」です。それを斜めに地面に植えると、茎が伸びて葉っぱが出てきます。

やがて、伸びた茎から根が生えてきます。そこからいもが育たないよう、時々葉っぱを裏返します。「元のいも」に、たくさん栄養がいかなくなってしまうからです。

水やりは、最初のうちだけで、後はほとんどやりませんでした。

苗は通販で買いました。家の近くのホームセンターに苗がなかったので。10本苗(茎)が入って100円ほどでしたが、送料が700円かかりました。

来年は、もう少し広範囲のホームセンターへ足を伸ばしてみようと思います。

サツマイモの絵本

プランターでもさつまいもは育ちます。(「サツマイモの絵本」)

収穫から3週間おく

収穫したら、すぐに食べたい!ところですが、少し待って。

収穫後に3週間ほどおくと、甘みが増して「食べごろ」だそうです。

土がついたまま(これが大事です)、冷暗所に保存します。

育て方は、「サツマイモの絵本」をお手本にしました。栽培方法が巻末に詳しく紹介されている上に、さし絵がとてもメルヘンチックなんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA