石垣島の八重山博物館で八重山の歴史や文化を学ぶ。洗骨、サバニ、ホラ貝のやかん‥

石垣市立八重山博物館
石垣島滞在中に訪れた石垣市立八重山博物館のご紹介です。

八重山諸島の民具、農具、漁具などが多数展示され、見飽きませんでした。

特に興味深かったのが、この3つです。

①洗骨

石垣市立八重山博物館

洗った骨を納める骨壷。

八重山地方では、火葬の前は「洗骨」が行われていました。

いったん土の中に埋めた遺体を掘り起こし、骨を海水や酒で洗い、再び埋葬する儀式です。

洗骨が行われるのは死後、3、5、7年の奇数年で、家族に妊婦がいる時は避けたそうです。

石垣市立八重山博物館

洗骨は東南アジアや日本の沖縄県、奄美諸島で行われていました。

石垣島では、火葬が一般に普及する昭和初期ごろまで。沖縄の一部の島では、まだ行われているそうです。

②民具

石垣市立八重山博物館

実際に家庭で使われていた民具の展示です。

南の島らしく、植物の葉や貝などから多くの民具がつくられていました。

石垣市立八重山博物館

ホラ貝のやかんです。

石垣市立八重山博物館

クバの葉でつくられた扇子。クバはヤシ科の樹木。クバの葉からは、他にもカゴなど色々な物がつくられていました。

 

石垣市立八重山博物館

ハエトリ機。中にハエが好きそうな食べ物を入れ、中に入ったハエが水の中に落ちるようになっています。

石垣市立八重山博物館

クバの葉のひしゃく。

いかにも南の島らしく、自然のものを使い、自然に生かされながら暮らしてきたんだなあと実感します。

石垣市立八重山博物館

宮良殿内の構造模型。これも見応えがありました。

宮良殿内は琉球時代の古い邸宅。博物館から歩いて10分ほどの場所にあり、そこへの道のりを記した地図も置いてありました。

③漁業関係

石垣市立八重山博物館 サバニ

サバニという古い木造漁船。

サバニは沖縄を代表する伝統的な漁船です。

沖縄県糸満市が発祥で、糸満から魚を求めて多くの人が八重山各地に渡り、サバニが伝えられました。

石垣市立八重山博物館

木製の水中眼鏡。これを着けて、水中で魚を突いたり貝をとったりしていました。

 

*農具、祭りの様子、古い土器や機織り機などもあり、見飽きません。

有料展示は大きなホール1部屋のみの、小さな昭和的雰囲気の博物館です。

人も少ないので、じっくり落ち着いて見学できます。

 

館内の様子を詳しく知りたい方は、動画をどうぞ。↓

<八重山博物館の場所>

住所:沖縄県石垣市字登野城4−1

(*石垣港離島ターミナルから歩いて行ける場所です)

Tel:0980-82-4712

開館時間:9時~17時(定休日:月曜日)

入館料:200円