宮古島おすすめスポット japan-okinawa-miyako-island

国内旅行

断捨離をやめたら幸せになれる理由

断捨離しても幸せになれないのは、多くの場合それが「自己否定」から生じているからです。心の奥底に何か満たされないものがある。

「このままの自分じゃダメ」「もっと部屋を片付けないと人生がときめかない」「捨てることで暮らしが輝く」‥。

つまり現状に不満があるのです。

自己否定から生じているかぎり、いくら断捨離しても幸せになることは難しいと思います。

きっかけは沖縄体験

そう思うようになった発端は、沖縄でのヒッチハイクです。ヒッチハイクは成り行きでした。

一度目は屋我地島から古宇利大橋に向かう時のこと。道に迷ってしまい、たま通りかかかった車に道をたずねたのです。

運転席にいたのはロングヘアーで大きな目を持つ美女でした。彼女は「そこへは歩いていけないわ。同じ方向に行くから乗りませんか?」。疲れていた私は、これ幸いと乗せていただきました。

ところが!その車内が、部屋で言えばまさに「汚部屋」状態だったのです。色々なものが散乱し、足の踏み場もない状態。

その中にお弁当箱があったのは覚えていますが、他にどんなものがあったのか、とにかくゴチャゴチャしすぎて覚えていません。

2度目は瀬底島を後にした時。瀬底大橋を渡り、本部博物館前というバス停まで行きたかったのですが、場所がわかりません。

近くのスーパーの駐車場にいた老女に場所をたずねました。すると彼女、「私もそっちに行くから、よかったら乗りませんか?」。

沖縄の人はなんて親切なんだと思いながら車に乗せていただくと、こちらも色々なものが車内に散乱。

「孫が『ばあちゃん、何かお菓子ない?』っていつも言うから、買い物が忙しくてね」と嬉しそうにぼやいていらっしゃいました。

もちろん「沖縄の女性すべてがこう」と言うわけではありません。でもそのとき私は沖縄の人のおおらかさを感じました。

そして何よりすごく楽しかった!あのごちゃごちゃした車内が。

楽しいのはどっちの部屋?

彼女たちはおそらく断捨離なんて全く興味がなく、片付けていない車内にも全く引け目を感じていない。だから見ず知らずの他人を車内に招き入れたのでしょう。

でもそれがとてもハッピーそうに見えたのです。たとえば断捨離に励んでいるような人よりも。

そして「もしこれが部屋だとしたら、どっちに招かれたら楽しいだろう?」と思いました。

不要な物がいっさいないミニマリストの極致のような部屋と、いろんな物がごちゃごちゃある部屋と。

私なら、きっと後者だろうなと思うのです。

暮らしている本人もそうではないでしょうか。

不用物がないのが落ち着くという方もいるかもしれませんが、雑多な物と同居するように暮らす部屋の方が、楽しく快適かも。断捨離なんて気にしない方がハッピーになれたりもするのではないかな。

断捨離とダイエットの共通点

断捨離とダイエットは似ていると言われます。どちらも自己否定の要素があるのです。「もっと痩せなきゃモテない」「片付けないと人生がときめかない」。

でも、そう決めつけているのは本人です。その証拠に、どう見てもぽっちゃりしてかわいいのに、ダイエットにはげむ人がなんと多いことか。

かと思えばステキな美青年と肥満女性のカップルもいる。(どうしてあんな2人が??)と思いますが、彼女はきっと自己肯定感が高いのでしょう。

自分のことを肥満とも恥ずかしいとも思わない。その「自信」が異性をひきつけるのです。

客観的に見て同じ状態でも、「このままじゃダメ」と思う人もいれば、「これでいい」という人もいる。

ゴチャゴチャ物が落ちている車内も「こんなにちらかってる」と思う人もいれば、全くそう思わない人もいます。

断捨離もダイエットも自己否定が根底にあるかぎり、終わりがありません。

少しくらいダイエットや断捨離に成功しても「まだまだ」「もっと痩せないと」となるでしょう。なぜなら心の奥底で「自分に満足できていない」からです。

けっして断捨離や片付け、ダイエットを否定しているわけではありません。

片付けることで人生が輝く要素も確かにあるでしょう。片付けが趣味と言えるくらい好きな人は、片付けに専念すればいい。

でも片付けが苦手・嫌いな人もいる。「片付けられない自分」も1つの個性。それで全くOK。ぽっちゃりしているのも魅力の1つなのです。

超ミニマリストだった私

結婚前の私は、冷蔵庫も洗濯機もテレビも持たない、いってみれば超ミニマリストでした。「近所のスーパーが自宅の冷蔵庫」などとうそぶくような。

そもそも遊牧民サイーダを長年取材してきたのも、ラクダ1頭につみきれるだけの荷物で移動しながら暮らすシンプルさに憧れたからでもあったのです。

でもそれは結婚まで。夫はテレビ大好きっ子で、大きな冷蔵庫も洗濯機も持っていました。「捨てろ」などとは言えません。

今でも「ラクダ1頭につみきれるだけの荷物で生きられたら素敵だな」と思う気持ちもあります。

クジラは身1つで北のアリューシャン列島から沖縄や小笠原周辺に移動する。渡鳥も何も持たずに地球上を快適な場所を求めて大移動する。あんあふうに身軽に生きられたらいいのに。

捨てない豊かさ

でも人間は悲しいかな、そんなふうには生まれてついていません。雨風をしのげる家が必要で、肌をかくす服なしには暮らせない。

大きな脳をもったがゆえに時には悩み、そのために本を読み漁ったり、美しい絵を買って自分を慰めたり、花を生けたりする。退屈しのぎに何かを収集して悦に入ったりもする。

今も結婚前のミニマルな暮らしを懐かしく思い出します。

そして今、気持ちの変化があるとしたら、「あの時の自分は少しギスギスしていたな」とも思います。

1つだけの価値観で生きていたな、と。とにかく捨てたい、「シンプルに生きることが最善」と。

「服はモノトーンで統一」はたしかに選ぶ手間も時間も短縮できて良いです。でもたまにはパステルカラーやピンクも着たくなる。そうなると服は1シーズン3着だけとはいかない。

「家で作るのはワンプレートごはんと決めているから、食器と鍋は2つずつだけ」は、場所を取らず管理や後片付けも楽ですが、たまには圧力鍋で煮込むホロホロ鶏肉カレーや、季節の果物をたっぷり詰め込んだスムージーが飲みたくなったりもする。そうなると、食器や家電製品なども増えていく。

物を溜め込まざるを得ないのは人間の習性です。だから物とどうつきあっていくかは、一生ついてまわるもの。

時にはその物に救われたり、人生を豊かにしてくれたりもする。たとえ他人から見てガラクタだったり汚部屋だったりしても。

捨てればいいというものではなく、誰もが断捨離したりミニマリストになる必要はありません。断捨離がブームだから自分も、ではなく、どんな状態が自分にとって心地よいか?がまずは大事。

私自身、今も片付けは好きです。だから実家に帰るたびに、贈答品などをため込んで1部屋まるまる倉庫にしているような両親を見ては苛立ち、「少しは片付けたら?」と言ったものでした。

あげくの果てには「もし死んだら、後に残った人が処分に困るでしょ!」とまでいう始末。

しかし本人たちがそれで良いと思っているなら、いいのでは?残り少ない人生を片付けに駆り立てるのはどうなのだろう?せめてまだ生きている間は、好きなようにさせてあげたい、と思うようになったのでした。

関連記事

  1. 福岡マスジド 福岡のモスク

    イスラム

    「福岡マスジド アンヌールイスラム文化センター」と「ブックスキューブリック箱崎店」をめぐる小旅行

    福岡に用事があって、福岡のモスク「福岡マスジド アンヌールイスラム文化…

  2. 国内旅行

    岸権旅館<伊香保温泉>滞在記

    両親をつれて、伊香保温泉へ行ってきました。伊香保温泉の宿…

  3. 竹富島 japan-ishigaki-taketomi

    国内旅行

    竹富島の観光ポイントと宿の紹介

    竹富島は石垣島からフェリーで約10分。竹富島を訪れる人の多…

  4. 千葉県 japan-chiba

    国内旅行

    飯盒炊飯・あじの干物づくり体験

    今回の千葉田舎暮らしツアー2日目。午前中は、NPO法人おせっ会が改修し…

  5. 久米島路線バス

    国内旅行

    久米島路線バスの旅〜久米島空港からイーフビーチへの行き方など

    久米島を路線バスで旅しました。車に比べて少し時間がかかりますが、のんび…

  6. 宮古島

    国内旅行

    宮古島おすすめスポット・過ごし方と癒される宿

    宮古島おすすめの過ごし方ただただ、ひたすらのんびり過ごす。これ…

最近の記事

  1. エジプトのマーケット
  2. エジプト・ソハーグ
  3. oman-game-man

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  2. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  3. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  4. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
PAGE TOP
error: Content is protected !!