2013-07-25

伊良部島おじいの1日2時間だけ働く素敵ライフ

1日2時間だけ働き、あとは好きなことをして暮らす。沖縄の島で、そんなおやじ達に出会いました。

毎晩おかあ(奥さん)と仲良く

伊良部島。宮古島からフェリーで10分ほどの所にあります。

この島の港から車で15分ほどの北の端に、「佐和田の浜」という場所があります。日本の渚百選に選定されている遠浅の海岸。浜にはたくさんの巨石を見ることができます。

浜を見下ろす集会所のような場所で、4人組のおじさんたちが海を眺めていました。
DPP_0102

話しているのは伊良部島の方言らしく、まったく理解できませんでした。

が、私の存在に気づいたおやじの一人が、話しかけてきました。

「いつもこんなふうに海を見てるんですか?」と私。
「そうだよ」。50才後半くらいのおやじは言います。

朝の畑仕事が終わったら、いつもここに来て常連のおやじさんたちとおしゃべりをするのが日課だとか。

働くのは一日2時間だけ。朝早く涼しい時間に、さとうきび畑の手入れをし、あとは、こうして海をみながらおしゃべりしたり、家に帰って昼寝したり、テレビを見たり。

「夜は何をして過ごすんですか?」
ときくと、おやじは急に嬉しそうな顔になって言いました。

あったりまえじゃねえか、おかあ(奥さん)と仲良くするのさ

夕食後にまたテレビを見るのか? 畑に出るのか? そんな疑問から発した質問でしたが、野暮なことを聞いてしまったようです。

「毎日ですか?」ときくと、「そっさあ~。酒飲むより楽しいさ」

おじさんの真っ黒な顔のテカテカの笑顔、青い海、毎夜おかあと仲良くするおじさんの健康的な暮らしが、たまらなくうらやましかったです。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!