伊良部島で見つけた本当の幸せ:猛烈サラリーマンからの離脱

伊良部島

「この島に来て、幸せ感が変わった」。現在伊良部島に住む北川さん(60才代)はいいます。

宮古島からフェリーで10分ほどの場所にある伊良部島。

北川さんが福岡からこの島に移住してきたのは7~8年前です。

猛烈サラリーマンから転身

サラリーマンだった北川さんは、54才で早期退職。

その後しばらく海外を放浪したり、オーストラリアで暮らしたりしていました。

その後、伊良部島に来て、その海の美しさに魅せられ、移住を決意そうです。

今は浜辺でとれる貝を加工してアクセサリーを作って売っています。

一軒家の家賃は2万円。自宅の裏には畑もあり、近所の人がとれた野菜をくれることも。

暮らしていくには困りません。

「収入は以前よりも減ったけど、出るものが少ないからたまる一方ですよ。前の方が収入はあったけど、仕事のストレスでタバコを吸ったり酒を飲んだくれたりして、お金が出る一方だった」

現在は自作の貝の加工品を売って暮らしています。

写真はフナウサギバナタという海岸。

ここは、月2回潮がひいたときに海の中を歩けて、貝を拾うことができるそうです。

毎日貝の加工に忙しい北川さんにとって、大好きな海に入る時間がないのが悩みのタネ。

「サラリーマン時代より、今の方が忙しいです。読みたい本もたくさんあるし、磨かなければならない貝もたくさんあるから」。

家の鍵はかけない

島の平和さを伝えるエピソードがあります。

ある日、北川さんが友人を訪ねて出かけていくと、家の鍵が開いていて、中には誰もいなかった。車もキーがついたまま。

本人に電話すると、那覇にいたそうです。

「でも、橋ができたら家に鍵をかけなければいけないかな?って島の人と話してるんです」と北川さんは、ちょっぴり寂しそう。

伊良部島には、橋ができる前にもう一度訪れたいです。

北川さんのショップ「貝の小部屋」のHPはこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/shell_tm_irabu

伊良部島の情報はこちらの本に載っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA