イランの町中でタクシーを拾う方法&女性タクシー運転手について

イランには流しのタクシーもありますが、メーターはなく、旅行者は慣れないためにぼられたりするので、あまりおすすめではありません。

ではタクシーに乗るにはどうしたらよいでしょう?

ホテルや店で呼んでもらう

町を歩いていてタクシーが必要になったら、近くのお店に入って、タクシーを頼みます。
知っているタクシー会社に電話して呼んでくれます。

ホテルをチェックアウトする際は、フロントにタクシーを頼みます。

また観光名所の事務所などでタクシーを呼んでもらうこともできます。

アルダビールの聖者廟を見学した後、「サルエイン」という温泉地に向かった時のこと。

この時は、聖者病のチケット売り場でタクシーを手配してもらいました。1時間くらい乗って400円ほど。
ちなみに温泉地サルエインは蜂蜜で有名です。

空港からテヘラン市内へのタクシー

空港から市内へのタクシーは定額制ですが、かなり高額です。
まあ、それ以外、ほぼ選択肢がゼロなので、しかたないのですが。。。

帰国の際、聖地ゴムから空港へ向かいました。
この時は、友人の知り合いの運転手に、友人宅から空港ヘ送ってもらいました。料金は50万リアル。
初日に空港からテヘランの病院まで乗ったタクシー代よりも安かったです。 

女性タクシー運転手の乗り心地

イランには、女性ドライバーのタクシーがたくさん走っています。

イランには女性ドライバーが非常に多い。
この辺りは、女性の運転が禁止されている(2018年6月まで)サウジとは違います。

イランの女性タクシー運転手

ヤズド で乗せてもらった運転手

女性タクシー運転手に乗る方法

ホテルに泊まっている場合は、フロントに女性タクシー運転手を呼んでくれと頼めば、呼んでくれます。

イランの女性タクシー運転手

テヘランで乗ったタクシーの運転手

この時は、テヘランのホテルからバスターミナルまで乗りました。
彼女は2人お子さんがいるお母さん。こんな時間からお仕事。さすがイランのお母さんはすごい!

その日、ヤズドへの早朝出発のバスに乗るため、夜が明けないうちにバスターミナルに行く必要がありました。

でもその時刻に男性の車に乗るのは、少々不安です。

そのためホテルのフロントに頼んで女性の運転手の車を手配してもらいました。

彼女はゆったりとした安全運転で、心からリラックスして助手席に乗っていられました。

女性のタクシー運転手は、テヘランだけでなく、イスファハンやヤズドなどの都市にもいらっしゃるそう。

先日、日本在住のイラン人とお話したのですが、イランは日本以上に女性の社会進出が進んでいるそうです。

女性タクシー運転手の運転技術は、こちらの動画をご覧ください。

普通の車がタクシー

面白いのはイランではしばしば普通の乗用車がタクシーに早変わりすることです。

タクシーが少ない場所だが、歩きたくない。そういう場合、イラン人はしばしば一般の車をヒッチハイクします。

タダで乗る場合もあるが、お金を払うケースももちろんあり。

そして本来タクシー免許を持っていないのに、(おそらく無許可で)客を乗せている車がけっこうあるようです。
たまたま車を持っていて「今は暇だから、人でも乗せるか」みたいな感じでしょうか。

場所によっては正規のタクシーがあまり走っていない所がありますから、こういう車は非常に重宝します。

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA