イランの宗教「シーア派12イマーム派」とは?

イランのイマームザーデ

イマームザーデの中には、イマームの子孫とされる聖人の廟がある。

イランの国教は、シーア派の中の「12イマーム派」です。

これはどういうものでしょう?

12イマーム派」、その宗教行事「アーシュラー」、宗教施設「イマームザーデ」を、わかりやすく紹介します。

まずシーア派の説明から簡単に。

シーア派とは?「イマーム信仰」

イスラム教はスンニー派とシーア派に大別されます。

預言者ムハンマドの死後で、「後継者を誰にするか?」の意見の相違から2つに分かれました。

スンニー派は「会議によって」後継者を決めると主張し、シーア派は「アリー(ムハンマドの娘婿)とその子孫が後継者」だと主張。

シーア派のアリー以降の代々の指導者を「イマーム」と言います。

シーア派は神アッラーや預言者ムハンマド以上に「イマームへの信仰」をとても大切にします。

その点イマーム信仰とも言えます。

スンニー派の聖地(メッカ、メディナ、エルサレム)はすべて預言者ムハンマドに関係するものですが、シーア派の聖地はイマームの殉教地です

代表的なものはカルバラー(イラク)で、ここに第3代イマーム・フセインの聖廟があります。

12イマーム派とは?

シーア派のうち最大のものが「12イマーム派」です。

12人のイマームを認める宗派です。

(他に「イスマーイール派」があり、7代目イスマーイールをもってイマームは終わりとします)。

このようにシーア派の分派は「アリーの子孫のうち誰をイマームと認めるか?」で分かれたもので、それほどシーア派にとってイマームが重要です。

重要な「第3代イマーム・フセイン」 

12イマーム派で最も重要なイマームが3代目フセイン(預言者ムハンマドの孫)です。

フセインがスンニー派のウマイヤ朝に反旗を翻したからです(場所はイラクのカルバラー)。

彼はその不義に対する戦いで悲劇的な殉教死を遂げました。

イラン最大の行事「アーシューラー」とは?

イラン・アーシューラー

イランの村のモスクであーシューラーの儀式に参加する男性たち。胸を打つことでフセインへの哀悼の意を表している。

そのフセインの殉教を追悼する行事が「アーシューラー」です。

アーシューラーとは、イスラム暦のムハッラム月の10日(10はアラビア語で「アーシューラー」)のことで、この日にフセインが殉教しました。

アーシューラーではフセインの殉教劇を上演したり、フセインの苦痛をしのぶために黒服の男性たちが鎖で体を打ちながら町中を行進したりします。(この儀礼を「シーネザーニと言います)。

アーシューラーはシーア派最大の行事です。

イマームザーデとは?

シーア派の宗教施設はモスクと並んでイマームザーデがあります。

これはイマームの子孫とされる者を祀った聖廟です。

イランではモスク以上にイマームザーデの方が重要です。

村によってはモスクはなくてもイマームザーデはあり、両方あるする場合、後者の方が立派です。

イラン全土には、モスクの数倍の数のイマームザーデが存在しています。

 

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA