イランの外食は「安い店ほど美味しい」が鉄則

イランのレストラン

観光都市イスファハーンにあるレストラン。イラン人には床に座って食べるレストランが人気がある。

「安い店ほど美味しい」がイランにおける外食の原則です。

雰囲気の良いレストランに入って味がイマイチであっても、イラン人は文句を言いません。

レストランは雰囲気を楽しむ場所だからです。味には期待していないのです。

よって外国人旅行者が美味しいものに出会いたければ、安い食堂(かつ地元の人で混んでいる店)に行くべきです。

そこにはケバブばかりでなく、美味しい庶民料理があります。

アーブグーシュトābgūsht آبگوشت

イランのアーブグーシュト

壺に入っていた中身を右の皿に移し、左の銀色の棒でつぶして食べる。それをパンに挟んで食べるのがイラン流の食べ方。

イランで一番人気の庶民料理です。

肉やじゃがいも、ひよこ豆などを煮込んだシチューです。家庭でもよく食べられています。

別名「ディーズイー(土鍋)」とも呼ばれます。

ディーズィーはその素焼きの壺のこと。本来、1人前ごとに小さな壺に入れて料理されるので、この名がついています。

この方法で煮込んだアーブグーシュトは本当に美味しいのですが、現在あまり見かけなくなりました。

観光地でたまに壺に入れたものが出されますが、たいてい大鍋で料理したものを壺に移し替えたものです。

ただそうでないものもあり、そんな料理に出会えれば忘れられない味となるでしょう。

イラン料理アーブグーシュト

タブリーズのバーザール内にあったアーブグーシュト専門店。

アーブグーシュトの正しい食べ方

壺の中身を別の容器に移し替え、つぶして混ぜて食べます。

「つぶさないで、そのまま食べた方がおいしいのでは?」と思っていたのですが、どうしてどうして。

肉と豆とイモの味が融け合い、得も言われぬ美味しさ。イラン人がこの食べ方に固執する理由がわかります。

イラン人に正しい食べ方を伝授していただきました↓

スィーラービー sirabi  سربی

羊の胃袋を煮たスープです。

イラン料理

テーブルの上にある調味料で好みの味に整えて食べます。

これにレモンをかければ最高の味です!

テヘランのような都会でも、南部の下町にいけば食べさせる店があるようです。

アーシュ・レシュテ Ash reshteh آش رشته

イラン料理とイランの外食

「アーシュ」とはスープのこと。

アーシュ・レシュテは、ソバのような麺を小さくして入れ、豆と野菜で煮込むスープです。

たくさんの種類のハーブが煮込まれているため、かなり栄養があります。

(モロッコの「ハリラ」(豆や野菜を煮込んだスープ)に似ています。)

これぞまさしく庶民の味。

写真はテヘランの中心部にあるタジュリーシュ広場の店。おわんにアーシュを入れてくれて、一杯100円ほど。

お店は地元の方達ですごく混んでいました。

 

追記:

レストランによっては、イランの家庭料理の1つ「ゴルメサブジ」を出す店もあります。

何度か食べたことがありますが、なぜかどこも非常にしょっぱい

とうてい完食できません。

ゴルメサブジは外食ではあまりポピュラーな料理ではないため、コックが料理に慣れていないのではないかと思っています。

その点アーブグーシュトはポピュラーで、どこで食べても当たり外れがありません。

 

以上。ケバブに飽きたら、ぜひ試してみてください。

イラン旅行の参考になったら嬉しいです。

 

【関連記事】

イランの料理と食事<徹底解説>豊かなイランの食文化

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。イラン人のリアルな暮らしぶりを知ることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA