2015-01-09

本を出版する喜びとは

「女ひとり、イスラム旅」を出版してから、ここのところ毎日のように、「・・・の書店にあったよ」「・・冊買ったから」と嬉しそうに電話をかけてくる人がいる。母です。

60歳まで働いてきて定年になった彼女は、今は特に趣味といえるものはなく、もっぱら楽しみは、家の近所に新しくできた大型スーパーに夕食の買い物にいくくらい。それに、ここ2~3日は近所の書店めぐりが加わった。少しは楽しんでくれているのでしょうか。

思えば私は大学時代から、インドネシアだのイランだの、パキスタンだの、得体の知れない国に一人旅してきて、母親にさんざん心配をかけてきた。箱入り育ちで海外はおろか、国内ですら一人旅したことのない彼女の心配は、いかばかりだったか。
娘を持たない私にはとうてい理解できないけれど、うすうす想像くらいはつきます。

本一冊くらいじゃ、母親にかけた心配の10%も回収できたとはいえないけれど、
それでも少しは親孝行になっているのかなあ。

彼女が生きているうちに、何回この楽しみをつくってあげられるだろうか。
これからも、喜んでくれる人がいるなら、本を出していこう。
本を出す喜びは、こういうところにあるのかもしれないなあと思いました。

<お知らせ>
「旅人の夜」(新宿ネイキッドロフト)に出演します
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/date/2015/01/17

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!