ボン岬半島*「美しい半島」とローマ人に呼ばれた場所を乗合タクシーで一周

ボン岬

ローマ人が「美しい半島」と呼んだボン岬半島。

チュニジア北部の地中海に突き出た半島です。

ハマメット滞在中に、ルアージュを乗り継いで小さな町をめぐりながら、気ままに半島を旅しました。

ボン岬の場所

ボン岬は、アフリカ大陸から地中海に突き出たチュニジア北東部の半島です。

今回「ルアージュ」に乗って、ぐるっと半島を一周しました。

ハマメット→コルバ→ケリビア→エルハワリアというルートです。

ルアージュとは乗合タクシー。同じ方向へ行く乗客が集まれば、すぐに出発します。

チュニジア北部は南部に比べて人の移動が多く、ルアージュはそれほど待たずに出発しました。

コルバ  Korba

チュニジア・ボン岬
観光客もいない地元民だけの静かな海。釣りをしている人がけっこういました。
 
コルバへはナブールを経由していきました。
 
ルアージュの値段は、ハマメット〜ナブール間が1.3ディナール、ナブール〜コルバまで1.2ディナールでした。
 
ナブールを過ぎてしばらく行くと、景色が次第に土臭くなってきます。
 
私が行った時期は11月。オリーブの収穫シーズンらしく、ところどころで木の下で実をつんでいる人をみかけました。
 
チュニジア・ボン岬

コルバの町。

ケリビア Kelibia

チュニジア・ケリビアのビザンチンの城塞

ケリビアのビザンチンの城塞

ボン岬

城塞のすぐ近くは海。海沿いに洒落たレストランが建っていました。ここでも釣りをする人の姿が。

チュニジア・ボン岬 ケリビア

街中のカフェ。麦わら帽子のおじさん、赤いトルコ帽のおじさん、毛糸のおじさんと、かぶりものは様々。

学校の教室にあるような椅子といい、とても良い味を出している店でした。

エルハワリア  El Haouaria

 

チュニジア・ボン岬

ここはマーケットが良いです。

ニンジンが豪快に並べられています。

それぞれの町でブラブラ歩いてカフェでお茶をし、その町に飽きたら、ルアージュに乗って、次の町へ移動。

こういう自由気ままな旅ができるのも、交通の便のよい北部ならではですね。

(南部は北部に比べて、ルアージュの数が少ないです)

【関連記事】

【完全版】チュニジアの観光・基本情報 徹底ガイド

 

 

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジアの一人旅、旅行情報について知りたい方は、こちらの本をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA