インドネシアの屋台めし「ペチェル」

 

Pecel 2

海外旅行の最中は、外食続きで野菜不足になったりします。

しかしインドネシアではその点心配ありません。
バッチリ野菜がとれる料理があるからです。

それは「ペチェル」です。

写真のおばさんが手で盛ろうとしているものがペチェルです。

ペチェルとは

簡単にいうと「ゆで野菜サラダ」です。

ゆでた空芯菜やインゲン、もやしなどに、ピーナッツソースをかけるもの。

ペチェルはインドネシアの色々な場所で食べられているようですが、元々はジャワ島の料理。

古都ジョグジャカルタには、いたるところにペチェル の屋台があります。

ゆでただけの野菜は物足りない?

が、この上にかけるピーナツソースがとにかく美味しくて、いくらでも野菜が食べられてしまいます。

ピーナッツをすり潰し、いくつかの調味料を合わせて作ったものです。

Pecel 3真ん中にあるのがピーナツソース。

インドネシアのもやしに注目

写真の左上に白っぽいものがありますが、これが「もやし」。

インドネシアのもやしは、日本のものより小さく目。

そしてやわらかく、シャキシャキしていて、とってもおいしい。

ピーナツとの相性も抜群。いくらでも食べられてしまいます。

ペチェル はどこで食べられる?

ジョグジャカルタのメインストリートであるマリオボロ通りに、たくさんのペチェルのワルンがあります。

ペチェルに好みでテンペ(大豆の発酵食品)や焼き鳥、卵料理などを添えて食べます。

Pecel 1ペチェルは地元のインドネシア人にも大人気

ペチェル のおかげで、インドネシア滞在中は日本にいた時よりヘルシーになった気がします。

 

【関連記事】

インドネシアに旅行に行ったら「ゴジェック GOJEK」を使いたおすべき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA