タフロウトからアイト・マンスールへ*廃村の古民家にホームステイ

アイト・マンスール渓谷のグダルト村

タフロウトからアイト・マンスール渓谷へ行きました。

アイト・マンスールは、タフロウトから南へ約30kmの場所。

ここに向かったのは、アメルン渓谷でランチしたchez amaliyaの従業員に勧められたからのがきっかけです。

渓谷では、「グダルト(Gdourt)」という村に泊まりました。

廃村ですが、その中に唯一住み続けている家族がいて、民宿をやっているのです。

宿の名は「シェ・ラシード・オーベルジュ(Chez Rachid auberge)」。

タフロウとから1時間ほどでアイト・マンスール渓谷に到着。

さらに、15分ほどでグダルト村に着きました。

アイト・マンスールの民宿の主人

私のスーツケースを持って、スタスタと自分の宿に向かうラシードさん。

あらかじめ宿を予約していたため、バスの到着に合わせて主人ラシードさんが迎えに来てくれていました。

予約しておいて、よかったです。

というのも、廃村の中は道が入り組んでいて、とても自力では宿が見つけ出せなかっただろうから。

このラシードさんが、なかなか個性強い人物で(人の事は言えませんが)、ここでの滞在はとても思い出深いものになりました。

アイト・マンスールのグダルト村の廃墟。

グダルト村には、こんな廃墟の家々が並んでいる。

アイト・マンスール渓谷の宿:シェ・ラシード・オーベルジュ(Chez Rachid auberge)

「これがわしの家じゃよ」。

ラシードさんが1軒の家の前で止まりました。

なんのことはない、オーベルジュは「彼の家」でした。つまり民宿です。

2階の広いリビングに通されました。

アイト・マンスールの民宿の部屋。

滞在中はこのリビングに寝泊りしました。(角にラシードさんが布団をしいてくれました)。

まず、ラシードさんが用意してくれたお茶で喉をうるおします。

アイト・マンスールの民宿でミントティー

モロッコ人は誰でもポットを高い位置にかかげ、上からお茶を注ぎます。

よくこぼれなませんねえ。おみごと。とてもマネできません。

オーベルジュ・ラシードのランチ

お腹すいてる?とラシードさん。

うんと答えると、「じゃ、これからお昼の用意をしますね」と、どこかへ姿を消しました。

20分くらい1人で待たされます。

上でミシミシと歩く音がします。どうやら上で食事の用意をしているらしい。

やがてラシードさんが食事を持って現れました。

アイト・マンスールの民宿のタジン。

ミントティーをいただいた後、ランチを出していただきました。チキンのタジン。野菜の味が濃厚でした。写真には写っていませんが、自家製ニンジンジュースもいただきました。

ランチは牛肉のタジン。にんじん、じゃがいも、ズッキーニ、オリーブなど野菜がたっぷり。

パンは奥さんの手作り。サラダは控えめな味つけでした。

オリーブも塩気が少なく、マイルドな味。

写真には写っていませんが、自家製ニンジンジュースもいただきました。

アイト・マンスールの廃村の民宿。

玄関。右手にかかっている麦わら帽子はラシードさんが日頃愛用しているもの。

ラシードさんはマラケシュ生まれ。

お父さんがこの村の出身で、16年前にここに移り住んだそうです。

今は畑でとれた野菜やナツメヤシを売ったりして生計を立てていらっしゃるとのこと。

「自然の生活が好きだから」とラシードさん。

「それに、ここはとても静かだし」。

食べ終わると、家の中を案内してもらいました。

アイト・マンスールの廃村の民宿

屋上のテラスの横にある部屋。ここで食事をいただくことも。

3階はテラスと上の部屋、テラスの奥に台所があります。

アイト・マンスールの廃村の民宿。

台所でお茶を入れている奥さん。気さくで笑顔が素敵な方です。

アイト・マンスールの民宿の夫婦

ラシードさんは自らも料理する。奥さんの方が背が高い。

台所仕事を担当するのは主に奥さんですが、ラシードさんも始終、かいがいしく手伝います。

かなりマメな男性。

奥さんはティズニットの近くの村の出身です。

「ここに暮らしていてハッピーですか?」と聞いたら、「とってもハッピーよ」。

アイト・マンスールの民宿

ラシードさんの奥さんと次男君。

2人のなれそめは、彼がナツメヤシを売っている時に、お客として買いに来た奥さんに一目惚れ。

その場でプロポーズしたそうです。

この「会ってすぐにプロポーズ」、モロッコ(に限らず中東)ではよく聞きます。 

異性との接触が限られているイスラム社会では、ピンときた出会いを逃すと、いつまた出会いがあるかわからない。

だから「いいな」と思ったら、すぐにプロポーズするのでしょう。

アイト・マンスールの廃村の民宿

屋上のテラスで家族の記念撮影。バックには廃墟となった家々が見える。なかなかシュールな光景。この家にもし一人で住んでいたら、と想像するとなかなか怖い。

「後で散歩しよう。今は暑いから、昼寝でもしてて」とラシードさん。

食事をいただいた広いリビングにシーツをしいてくれました。外は40度近い暑さです。

遠くでアザーン(モスクの礼拝の呼び声)が聞こえます。

アイト・マンスールのハイキング(1日目)

アイト・マンスール渓谷

途中には、グランドキャニオンを思わせる渓谷風景が楽しめる。

日がやや西に傾く頃、ラシードさんと渓谷のハイキングへ。

片道1時間半ほどの行程です。

モロッコの「グランドキャニオン」と呼ばれるアイトマンスール。

途中の景色はグランドキャニオン風の谷間があったり、木々が生い茂るオアシスがあったりと、かなり見応えありました。

アイト・マンスールでトレッキング

小川の水を飲むラシードさん。

これは泉の水だそうです。私もおそるおそる飲んでみましたが、なるほど美味しい。

ちなみに飲んだ後もお腹の調子は大丈夫でした。

行かれた方は、ぜひモロッコの泉の水の味を堪能してください!

ラシードさんは、ナチュラリストと自称するだけあり、しばしば立ち止まっては「これがイチジクの木」「これがレモンの木」などと教えてくれます。

時々、道端にある枯れ木などを(他の人が歩きやすいようにか?)杖でわきにどかしたり。 

アイト・マンスールの廃村

アイト・マンスール渓谷の中にある廃村フェエゲル村。同じような廃村が渓谷の中にはいくつもある。

歩き始めて30分。「フェエゲル」という廃村がありました。

他にも人が住まなくなった民家が途中いくつもあり。

アイト・マンスールの売店。

トレッキング終点で休憩した売店。ここでお茶を出してもらえる。トイレもあり。

ようやく終点に到着し、売店で一休み。

店の前にテーブルと椅子があり、座ってお茶が飲みます。

砂糖がたっぷり入ったミントティーを飲みながら疲れを癒しました。

テーブルの裏は椰子の木林になっていて、葉っぱがゆれる音に耳をすますのも良い気分。

アイト・マンスールでトレッキング

アイト・マンスール渓谷の中には大きく5つの村があります。

このカフェがあるのは「ティウティ」という村。

ティウティ村には30人くらいが暮らしているそう。

他にテムサウト、アグディム、タムルート、ティウリなどの村々があります。

アイト・マンスール渓谷を歩く女性

帰りの風景。この地域の女性はほとんどが黒い衣装を着ている。

たっぷり運動したので、夜はぐっすり眠れました。

アイト・マンスールの民宿の夕食

夕食は家族そろって。タジンをいただいた。左手にあるのは自家製ニンジンジュース。

アイト・マンスールのハイキング(2日目)

 

アイト・マンスールの民宿

朝食は屋上のテラスで。ミントティーや自家製のパン、ジャム、ケーキ、アムル(ナツメヤシとオリーブオイルなどを混ぜたもの)など盛り沢山。

朝食のあと、またラシードさんとハイキングへ。

前日とは反対方向にある、古い村ファフィル(Fafil)村へと向かいました。

ラシードさん宅での滞在、なかなか盛り沢山です。

アイト・マンスールの廃村

ファフィル村。ほぼ廃村となっている。

グダルトから歩いて30分。ファフィル村が見えて来ました。

アイト・マンスールの廃村のオリーブオイル搾油機。

古いオリーブオイル搾油機。

古いオリーブの圧縮機がありました。

木の棒を家畜に引かせて、オリーブの実をすりつぶして油をとります。

アイト・マンスールの廃村

家を案内してくれた地元の男性とラシードさん。

ちょうど古い家の持ち主(左の若者)が現れたので、今は使われていない彼の家を見せてもらいました。

アイト・マンスールの廃村の古い民家。

古い家の中には、当時使われてきた古い民具がそのまま保存されていた。

古い民具が残されていました。まるで博物館みたい。

アイト・マンスールの廃村

古いバブーシュ(モロッコの伝統的なサンダル)。

昔の「バッブーシュ(モロッコの伝統的な靴)は、こんな感じだったのですね。

 

アイト・マンスールの廃村

部屋の天井には綺麗な文様がくっきりと残されている。

2階の部屋。天井の装飾の色が綺麗に残っています。

天井の梁にはヤシの木が使われています。

アイト・マンスールの廃村の古い家

台所あと。手前に見えるのは、パンを焼く時に火をおこす「ふいご」。モロッコの農村では今でも使われている。

アイト・マンスールの廃村に住む老女

おばあさんに話しかけるラシードさん。

家を出ると、目の前におばあさんが座ってらっしゃいました。

前の家で1人で暮らしているとのこと。

なんと94歳だそう。(この点、ほんとうかなあと思いますが、案内してくれた若者も本人も口をそろえるので、きっと本当なのでしょう)。

ずいぶんお若く見えますね。

かつてはさぞかし美しかったことでしょう。

アイト・マンスールの廃村

おばあさんと記念撮影

「1人で暮らして大丈夫なのですか?」ときくと、「毎朝同じ村の人が様子を見にくるからね」。

息子さんがマラケシュに暮らしているけれど、おばあさんはもちろん生まれ育った村の方が好きだそう。

おばあちゃん、いつまでもお元気で。

 

金曜日のクスクス作り

ハイキングのあとは、お母さんにクスクス作りを教えていただきました。

アイト・マンスールの廃村の民宿

ランチのクスクスを家族そろっていただく。

クスクスは世界最小のパスタ。モロッコ、チュニジアなど北アフリカの人々の国民食です。

作り方については、こちらで詳しく紹介しました。→モロッコの民宿で女将のクスクス作りを見学

シェ・ラシード・オーベルジュ(Chez Rachid auberge)」の情報

ネットからは予約できないため、直接宿に行くか、電話で予約することになります。

 

Tel: +212 677-731548

場所がわかりにくいので、迎えにきてもらうのがベターです。

宿代は食事込み1泊250ディルハム(約2700円)(2018年7月)。

食事代、ハイキング代込です。

タフロウトからアイト・マンスールへの行き方

アイト・マンスール、グダルト行きバス乗り場

タフロウトからアイト・マンスールへのバスと乗り場

写真左の黄色いバスです。

タフロウトの町の中心にある「アフリキヤ・ガソリンスタンド」の前から出ます。

出発時刻はおよそ午前11時〜12時。私の時は12時近くに出発しました。

お客の集まり次第などで時間が前後する様子。

便数は確かめませんでしたが、おそらく1日1便のようです。

早めにバス停に行って席を確保し、出発まで近くのカフェなどで時間をつぶすのが得策。

ちなみにタフロウト→アイト・マンスールまで車をチャーターすると300〜350ディルハム(4千円)ほどです。

チャーターしても良かったのですが、地元の人がどんな乗り物に乗るのか興味があったので、バスにしました。

アイトマンスール・グダルト までの道中

タフロウトの町を出てしばらくすると、車は山を登り始めます。

タフロウトからアイト・マンスール渓谷

タフロウトからアイト・マンスール渓谷に向かう途中の風景。

途中の風景はずっとこんな感じです。

アイト・マンスールは、実は海外やモロッコ人のサイクリストが好んで行く場所です。

だからけっこう簡単に行けるのかと思ってましたが、とんだ間違いでした。

アップダウンが激しいし、途中無人の荒野がずーっと続きます。

自転車がパンクなどしたら、この炎天下、なすすべがありません。

景色だけは良いですが。。。。

チャレンジしても良いのは、よほど体力に自信のある方だけです。

【関連記事】

モロッコはどんな国?治安と旅行の基本情報 

 

女ひとり、イスラム旅

女ひとりでモロッコ、チュニジア、オマーンなどを旅した旅行記。ラバトのプー太郎青年と知り合い、その自宅や古い邸宅に暮らす友人宅を訪ねた歩いた体験、カスバ街道の美女とハマムで汗を流した話などが書かれています。

イスラム流 幸せな生き方

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA