異国の人と仲良くなるたった1つの簡単な方法 

砂漠の遊牧民

エジプトの砂漠で一人で移動生活を送る女性サイーダ。彼女とは何年もともに暮らしながら取材している。

それは笑顔です。

小さい頃から「ブスだけど笑うとかわいい」と母親に言われて育ったせいか、初対面の相手に会うとついニコニコしてしまいます。

小学生の時のあだ名は「ニコニコマン」でした。

これが海外に行った時にプラスに働くようです。

よく知り合ったばかりの人に、家に呼ばれたりします。

私の旅と取材は、仲良くなった人を通してその国を取材し、撮ること。

その国の素顔を知るには、そこの人の生活を見せてもらうのが一番。

今はイスラム圏の人の暮らしに入り込んで取材しています。

よく「どうやって仲良くなるんですか?」とよく聞かれます。

答えは簡単です。

笑顔になること、これしかありません。

その国の言葉が話せる必要はありません。

中途半端に話せても、逆に誤解が生じやすいのです。

仲良くなる技術、人好きのする性格、そのようなことも必要もありません。

私の写真を見る人はこういいます。

「こういう写真が撮れるのは、やっぱり常見さんの人柄ですよね?」

「何年も通って仲良くなったからこそ撮れる写真ですよね」

それは違います。

私はマイペースでむしろ一人でいる方が好きだし、他人といると疲れてしまう。

唯一の取り柄は、初対面の相手に会うと意図せず笑顔になってしまうこと。

しかし笑顔は最強です。

相手の緊張感はやわらぎ、たいていの人の心をときほぐすことができる。

笑顔はお金がいりません。

0円で相手を良い気分にさせることができる。笑顔にならないのはソンです。

海外だけでなく国内でも応用できるでしょう。ニコニコしていれば、嫌われることはそれほどないと思われます。

「ブスだけど笑うとかわいい」。

幼い女子には残酷な言葉でしたが、母は私に似て天然なので、思ったことはかまわず口にしてしまう性格でした。

その残酷な物言いを少し恨んだ時期もありましたが、今は感謝しています。

私にもし娘がいたら、「〇〇ちゃんは、たいして可愛くないけど、笑ったらすご~く可愛いから、いつも笑顔でいようね」と残酷な言葉をかけつづけるでしょう。

 

【関連記事】

イスラム圏で女性の写真を撮る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA