私の海外旅行の持ち物

イスラム圏の旅

小さなリュック1つで南の島を旅するために持っていった物と捨てた物

年末年始に2週間モルディブに行ってきました。

リュック1つで行きたかったので、荷物をかなり絞り込みました。

やればなんとかなるものですね。

これが荷物の中身です:

服、化粧品(最低限)、歯ブラシ、パソコンと電源、変圧器、カメラとバッテリー、現地の資料、ノートとペン、ゴーグル。

もちろんパスポートと現金、クレジットカードも。

荷物が少ない旅のメリット

荷物が少ないと旅が楽しくなります。

・疲れない

荷物が多いと、それだけで疲れてしまいます。特に移動の時。

少なければ移動で体力消耗しない分、肝心の観光にエネルギーを注げます。

身軽だと気分も爽快。

荷物が多いと、「ああ、またこの荷物を持って移動か・・」と、ため息の一つも出てしまいます。

・時間が短縮できる

旅には移動がつきもの。ホテルからホテルに移動する際は、広げた荷物をパッキングしなければなりません。

こういう場合、荷物が少なければ非常に好都合。パッキングに要する時間はたったの2〜3分ですみます。

飛行機に乗る時はもちろん機内持ち込み

降りた後にターンテーブルの前でひたすら自分の荷物が出てくるのを待つ必要もありません。

・エコノミー

スペースが限られているので、現地で余計なものを買わなくなります。

身軽に旅するために手放したもの

・洗面用具

タオル、ドライヤー、石けん、シャンプー、歯磨き粉など。

ホテルに備え付けがあるからです。

・服

上下2セットずつに絞りました。

現地で洗濯するからで、いざとなれば服を買うこともできます。

これだけは持っていきたい

・ノートとペン

現地では日記を書きたい。やはり日本のペンは優秀。ノートもです。

ペンは何本あってもそれほどがさばらないので、多少余分に持って行きます。

・耳栓

これがあると安眠できます。

他にばんそうこう、ツメ切りなど小さい物は、現地で買えそうでも持って行きます。

スーツケースかリュックか?

これまで私は旅ではキャリーバック派でした。その方がラクな気がしていたからです。

でも特に「島旅」は、リュックの方が良いですね

島の道は舗装されていないことが多く、スーツケースは車輪が砂に埋もれてしまいます。

モルディブも同様。

ただモルディブの場合、ローカル島でも港までホテルの人が迎えにきてくれます。

荷物は彼らがリヤカーで(!)運んでくれますので、スーツケースでも困りません。

島に着いてから歩き回ってホテルを探す、という方は別ですけれど。

日本の冬に南の島に行く場合

問題は空港に行くまで・帰国後に空港から家に帰るまでの服装です。

がさばるコートやセーターを旅行中も持って歩くのか?

空港には荷物あずけサービスやロッカーがあるので、それを利用するのも良いでしょう。

「コートあずけサービス」というのも、あるそうです。

私は軽いダウンジャケットを着て行き、旅行先にも持って行きました。飛行機の中は寒いことが多いからです。

薄いダウンなら、旅行中にリュックに入れていてもさして荷物にはなりません。

さいごに

理想はパスポートとお金だけ持って旅すること。

なかなかできません。

かなり昔、インドでリュックを盗まれたことがありました。

幸いパスポートや現金は身につけていたので、その後も旅が続けられました。

かえって身軽になり、インドの盗人に感謝したくらいです。

旅、そして人生に本当に必要なものは、実はとても少ないんですね。

 

【関連記事】

モルディブの青い海を気軽にリーズナブルに楽しめる、ローカル島での滞在

【海外一人旅のテクニック】旅行で疲れてしまうという人へ。海外旅行で手放すべき「4つ」のこと

海外旅行先での体調維持。元気で活動するための4つの方法

 

 

関連記事

  1. カイロのホテル
  2. イスラム圏の旅

    サウジアラビアを女性一人旅して驚いたことあれこれ。

    昨年サウジアラビアを女性一人で旅行し、驚いたことがいくつかありました。…

  3. ギリ島からバリ島へ

    イスラム圏の旅

    ギリアイル島からスピードボートでバリ島へ。船上で危機一髪!

    インドネシアのロンボク島沖合のギリ・アイル島からバリ島へスピードボート…

  4. イラン アスタラ ホテル

    イスラム圏の旅

    アスタラ*アゼルバイジャン国境は下町情緒たっぷり

    トネカボンから北西に移動し、アゼルバイジャンとの国境の町「アスタラ」に…

  5. イスラム女性 ブルカ、ニカブ

    イスラム圏の旅

    チュニス*フランス風の新市街と世界遺産の旧市街

    チュニジアの首都チュニス。チュニジアの政治、経済、産業の中心地です。…

  6.  イランのモスク ジャムキャラーンモスク

    イスラム圏の旅

    イランの本当に美しいモスク4選

    イスラム世界の中で、最も美しいモスクがあるのがイランだと思います。…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  2. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  3. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!