2017-12-23

マタラム*見所とホテル <ロンボク島>

マタラムでは断然チャクラヌガラに泊まるのが正しい。 西ヌサ・トゥンガラ州の州都。 諸島ロンボク島最大の街マタラム。 マタラムはマタラムとチャクラヌガラ、アンペナン、スウェタという4つの街で構成されています。 チャクラヌガラに泊まるのがおすすめです。 (トラディショナルマーケット) 6時すでに外は明るい。マーケットは6時からやっているという。 通りを進むと、屋台が現れた。祠にかざるような花や葉っぱを売る店、お菓子などを売るものが多い。ジャスミンの匂いが漂う。 マーケットはまさにバリの雰囲気。スカーフ被っている人がちらほら。お菓子売っていたり。「しんどーマーケット」だったのだ。でもここはとても活気があった。すれ違う人がやっとなくらい、幅50センチの道をすれ違いながら。 マーケットは3つ。彼と言ったのがしんどーマーケット。もう一つがバラたいすマーケット、そして私のホテルの近くがカランがしマーケット。 (チャクラの路地裏) 周囲は住宅街。鳥を飼っている家が多い。家の前の道路に鶏をカゴに入れている。ジャックフルーツの木があったり。家の前に生えているマンゴーの木の実を棒でとろうとしているお母さん。 家の中に立派な祠がある人が多い。どうも雰囲気がヒンズー的だと思ったら、このホテルがあるのはヒンズー教徒のエリアだという。 (ムスリムの割礼) マーケットの裏手にムスリムのコミュニティがあり、割礼の場面に偶然遭遇。ムスリムらしき光景に出会えて嬉しかった。こんなところで写真を撮っていても、誰も何もとがめない。中東との違い。 (マタラムモール) ホテルに帰って休んでから、また出かける。マタラムモール。冷房があまりきいていない。こういうのが他のアジアの国と違う。マタラムモールの近辺ならムスリムが多いのでは?と思ったが、住宅街ではなかった。やたらとバイクも多くて疲れる。この近辺にはレストランもいくつかあるが、なぜか客があんまり入っていない。だから入る気がしない。食事はフィリピンの方がおいしいかな。ただ歩いていて危険さを感じないのはインドネシアかもしれない。 商店ではクリスマスの飾り付け。 マタラムモール、冷房があまりきいていない。それほどたくさんの人がいない。リッチそうな人でもない。他の人はどこに買い物に行っているんだろう? (公共の交通機関がない!) とにかく気軽に利用できるタクシーや公共の交通機関がなくて、移動に不自由する。マタラムはけっっこう大きな街らしいし。 (アンペナンへべもに乗る) もうほとんど遺跡とかしたようなべも。荷物が多い人しか載っていない。無くなるのも近いかも。今のうちに載っておくと良いかも。 マタラムの一部であるアンペナンへ行ってみる。ベモでいけるという。宿の奥さんにべもの乗り方を聞く。料金は1くらいとのこと。黄色い乗り物。なかなか通らなかった。それもそのはずで、べもはすごく数が少なくなっているのだ。 いざ来たので乗って見たら、後ろの席には大きな荷物。テレビ。べもはほとんど大きな荷物を乗せる人用の乗り物になっているのだった。乗る人が少なくなっって来てリウので、代わりにたくさんの荷物を載せられるようになったのだろう、ということが後でわかった。 アンペナンに着いたところで、べもの運転手が、「こっちに行くとアンペナンで、こっちに行くとスンギ技だ」という。スンギギが近いのか? (アンペナンの市場) ここの市場は、特に「唐辛子の赤」の色が鮮やかだ。 (バイク版ユーバーで帰る) 帰りは歩いて帰るのはむりそうなので、彼がバイクを呼んでくれた。 スマホで入力。「安い、ここまでバイクでたったの5000」なぜ値段がわかるんだ? 今はユーバーみたいに、バイクを呼び出せるようだ。到着したバイクは、ちゃんとしたバイク。ヘルメットも用意していた。 (マタラムでの注意) 在住者に聞くと、マタラムではわりとひったくりもあるそうです。バイクに乗っていて、追い越しざまにひったくろうとしたり。その際バイクが転倒して大怪我をするというケースもあるようなので、旅行者はなるべくバイクよりタクシーに乗った方が安全でしょう。 「小さい!プロペラ機」。しかし満席に近い。荷物全てもちこむ。隣の女性はインドネシア人? 思ったより快適なフライトで、あまり揺れなかった。スナックが出た (MINABI HOTEL) とても広くて綺麗な部屋で良かった。お湯もちゃんと出た。 Minabi Guest House  Value Deal Jalan Abimanyu No 4, Cakranegara, Mataram, 83231, Indonesia - Phone: +62818369040 https://www.booking.com/hotel/id/minabi-guest-house.ja.html?aid=311100;label=minabi-guest-house-7Pxk42KNc0yhdZpRG0Z5xwS221031290839%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac%3Aap1t1%3Aneg%3Afi%3Atiaud-146342138470%3Akwd-106856849061%3Alp1009306%3Ali%3Adec%3Adm;sid=dabb1484b37a514817baa853f8e88540;dest_id=-2687309;dest_type=city;dist=0;hapos=1;hpos=1;room1=A%2CA;sb_price_type=total;srepoch=1513458629;srfid=a61f70da0601fa796d08a30fb7d17f6c5a2ec1ffX1;srpvid=89d994e275340018;type=total;ucfs=1&#hotelTmpl マタラムのメインストリートスラパラン通りにも近く、少し小道に入った場所にあるのでとても静か。 部屋はゆったりした広さ。とにかくオーナーが親切でやさしい。英語も堪能。 (空港からのタクシー) 空港を出たところでタクシーブース。複数の会社がブースを構えていた。みんな同じ値段だという。マタラムまで150000のこと。ホテル名と住所を言う。チケットを買った女性が車のところまで送ってくれる。迎出たところにタクシースタンドがあり、女性が数人客引きしていた。複数のタクシー会社があるようだ。皆値段は同じとのことだった。  わりと綺麗な車で驚く。若い男性の運転手はスマホにホテルの名前を打ち込む。経路が示され、それを見ながら出発。ちゃんとインドネシア語で指図する。便利なもんだ。 道もすごく綺麗。タクシーから目を凝らしても、外は暗くてほとんど何も見えない。まだ9時というのに。店が両脇にあるようだが、閉まっている。少し屋台がやっているところもあるが。 マタラムに近づくにつれて、バイクが多くなる。 私がロンボク島を訪れたのは便利になったものですね。 30分くらいで着いたそれにしても、マタラムは西ヌサ・トゥンガラ州の州都であり、ロンボク島最大の町です。

実はマタラムは、マタラムとチャクラヌガラ、アンペナン、スウェタという4つの町で構成されています。

そのうち庶民的で活気があるのがチャクラヌガラCakranegaraです

毎日行っても飽きないチャクラヌガラ市場 

ロンボク島マタラム

インドネシアどこでもそうですが、ここチャクラヌガラの市場も朝6時には開いています。

活気があるのは早い時間。

9時をすぎると、やや落ち着き気味に。なので、なるべく早い時間に行くのがおすすめです。

ロンボク島・マタラム

すれ違うのがやっとなくらい細い路地に、売り手と買い手がひしめきます。

ロンボク島・マタラム

携帯で話しながら魚をさばく。

チャクラヌガラの路地裏

ロンボク島マタラム

ロバ車が走るのどかな場所。一歩路地に入れば、普通の人の庶民的な暮らしが垣間見れます。

ロンボク島マタラム

チャクラヌガラには、バリ島から移住者してきたヒンズー教徒がたくさん暮らしています。

敷地内に立派な祠がある家も多いです。

ロンボク島マタラム
とはいっても、イスラム教徒の方も多い。住宅街を歩いていたら「割礼」の場面に遭遇しました。

割礼は男子の性器の皮を切除するもの。イスラム男性の義務です。

マタラム・モール

ロンボク島マタラム

「ロンボク島唯一のショッピングモール」と本に書いてあるのを読んで行ってみました。

普通アジアのモールには冷房がギンギンにきいているものですが、ここはそれほどでもなく、、、また人もあまり多くなくて、あれ?という感じでした。

今は新たなモールが他にもできているようです。きっと若いOR富裕層はそちらに流れて行ってるんでしょうね。

マタラムの交通

ほとんど遺跡と化した「ベモ」

私がインドネシアに来たのは20年以上ぶり。

驚いたのは、公共の交通機関がほとんどない!ということでした。

どこに行くにも車やバイクをチャーターしなければならなりません。

そんな中、公共のミニバス「ベモ」を見つけて乗ってみました。

ベモはつかまえるまでが一苦労。

バイクに押されてあまり利用する人が少ない、だから数がとても少ない。

ベモが通るまで、辛抱強く路上で待たなければなりません。

ロンボク島・マタラム

べモの車内。大きな荷物を運ぶには、ベモは便利です。

車内にはテレビを運ぶ人が。

ロンボク滞在中、何度かベモに乗りましたが、荷物が多い人のための乗り物になっている様子です。

バイク版ウーバー

マタラムにはバイク版ウーバーもありました。

ロンボク島・マタラム
スマホで行き先を入力。近くにいるバイクが示され、事前に料金もわかります。

ちゃんと乗客用のヘルメットも用意され、安全運転でした。

マタラムのホテル(MINABI HOTEL)

ロンボク島マタラムとても広くて綺麗な部屋でした。
マタラムのメインストリート「スラパラン通り」にも近く、少し小道に入った場所にあるのでとても静か。
英語堪能なオーナーが、とにかく親切でやさしいのが魅力です。

Minabi Guest House  
Jalan Abimanyu No 4, Cakranegara, Mataram
TEL: +62818369040

 

ロンボク空港からマタラムへのタクシー

空港を出たところでタクシーブースがあります。複数の会社がブースを構えています。クタやマタラムなど行き先によって料金が決まっていて、どの会社もほとんど同じ値段です。マタラムまで150000ルピア。

ホテル名とその住所を告げ、チケットを買った女性が車のところまで送ってくれます。車はとても綺麗。スマホにホテル名などを入力し、ナビの誘導によってホテルへ。インドネシアも便利になったものです。マタラムまで30分くらいでした。

マタラムでの注意

在住者に聞くと、マタラムではわりとひったくりもあるそうです。

バイクに乗っていて、追い越しざまにひったくろうとしたり。

その際バイクが転倒して大怪我をするというケースもあるとか。

旅行者はなるべくバイクよりタクシーに乗った方が安全でしょう。

ロンボク島の本「バリから行く手つかずの楽園ロンボク島」

ところで、私がロンボク島に行こうと思ったのは、この本「バリから行く手づかずの楽園ロンボク島(私のとっておき)」がきっかけでした。

少し情報は古いですが、島の文化や空気感がよく表現されています。ギリ3島それぞれの紹介もあります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!