2013-12-18

エジプト・モロッコ・チュニジアの中でおすすめは?【チュニジア】

中東料理チュニジアのパン

チュニジアで売られているパン。手前のフランスパンの他に様々な形のパンが。

エジプト・モロッコ・チュニジアの中でおすすめはどこでしょう?

個人的には、なんといってもチュニジアです。

日本人にはあまり知られていませんが、多彩な魅力にあふれる国です。

まず、人がおだやかでやさしく、そして海が美しい。

さらにイスラム文化、サハラ砂漠、ローマ遺跡、ベルベル人の古い住居‥と見所満載。

そんなチュニジアの魅力を詳しくご紹介します!

人がやさしく明るい

チュニジア女性

チュニジアのおばあちゃんは、家族に囲まれて楽しそうにテレビを見ていた

エジプト人などは、日本人とみれば、「ジャッキーチェン」とか「安いよ」などとしきりに声をかけてくる。

チュニジアではこんな男性は非常に少ないです。

カメラを向ければ、にっこり笑顔で返してくれる。

そんなシャイで心優しい男性が多いため、とても旅行しやすいです。

北アフリカ一美しい海

チュニジア

シティブサイドから眺める地中海

世界を旅したアメリカの評論家ジョン・ガンサーは、チュニジア東部の町シディ・ブ・サイドから見た地中海を「世界一の景観」とたたえたそうです。

チュニジアにはビーチリゾートが豊富です。

ハマメット、北のビゼエルトから南のジェルバ島まで数多い。

そしてどこも美しい海岸とコバルトブルーの海が広がっています。

コーヒーが美味しい

フランスの植民地だったため、カフェにはたいていエスプレッソマシーンがあり、美味しいコーヒーを飲むことができます。

アラブの国で飲むコーヒーは、通常アラビックコーヒーといわれ、豆を砂糖といっしょにグツグツ煮込むもの。

コップにそそぎ、豆が底に沈むのをまち、上澄みだけを飲みます。

でも日本人には、やっぱりエスプレッソの方がおいしく感じられるものです。

世界遺産が多い

チュニジアには8つの世界遺産があり、その数は中東・アフリカ諸国の中では最多です。

自然の景観がすばらしい

チュニジアというのは小さい国ながら、北から南まで自然や気候の変化に富んでいます。

たとえば北部にある「イシュケウル国立公園」。

ユネスコの自然遺産に登録された、北アフリカで最も大きい淡水湖です。

ここにはユーラシア大陸からの雁、カナリヤ、フラミンゴなど20万羽の渡り鳥の越冬地となっている。公園内には温泉やサウナもあるそうです。

一方で南西部にはグランドキャニオンを思わせる渓谷や荒涼とした山肌が。

ここは「イングリッシュ・ペイジェント」、「スターヲーズ」といった映画のロケ地にもなりました。

のどかな南部の暮らし

チュニジア南部の村「ベニゼルテン」

チュニジア南部の村「ベニゼルテン」

チュニジアにはヨーロッパからの観光客が多いのですが、ほとんどはナブールやハマメット、スースなどの東部沿岸地域に集中しています。

南部に行く旅行者は少ないため、そこには観光地化されない、のんびりゆったりとした暮らしが残っています。

 

チュニジア旅行をお考えの方の参考になれば嬉しいです。

【関連記事】

モロッコとチュニジア、旅行するならどっちがおすすめ?

【完全版】チュニジアの観光・基本情報 徹底ガイド

 

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジア、モロッコ、オマーン、ヨルダン‥女一人でイスラム圏を旅した旅行記です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!