2016-09-18

マリヴァン(クルディスタン州)*観光情報

iran-marivan-1-3

クルディスタン州にあるマリヴァンという町のご紹介です。

マリヴァンの場所

 

マリヴァンの見どころ

ザリバール湖 Lake Zarivar

iran-marivan-1-2

湖にはカモが泳ぎ、魚も泳いでいる。水はきれいなようです。魚釣りしている方もいました。

iran-marivan-1-5

湖の周囲はイラン人にも人気のキャンプスポット。テントを貼っているイラン人の家族づれ、グループがけっこういました。

一つのテントに呼ばれ、お茶をいただきました。

iran-marivan-1-3

ご家族は、近くの大きな町サナンダージに暮らしているそう。奥さんは教師で、ご主人はタクシー運転手。

昨日の夕食は、公園内のレストランで魚のフライを食べたそうです。

もうかれこれ10回くらい公園でキャンプしているとのこと。

ザリバール湖までの行き方

ホテルからタクシーをチャーターしました。

地元の人の話では、市内から乗り合いタクシーがあるとのこと。

ただ外国人は乗り方がよくわからないため、チャーターしてしまった方が楽。

バーザールから6万リアル。車で10分ほどです。

マリヴァンのホテル Newroz Hotel

iran-marivanhotel-1

Newroz スクエアに面して建っています。

町の中心から少し離れていますが、そのぶん静かです。

ただフロントの男性は英語が話せません。一泊100万リアルのところ、70万に値引きしていただきました。

マリヴァンへの行き方

サッケズから直通の乗り合いタクシーで3時間。マリヴァンまで16万。

途中1回休憩。この辺りは道があまりよくないので時間がかかります。

途中1時間くらいは舗装されていない砂利道です。

途中カミティヤンkamutiyannという村で休憩。

ドライバーがお茶を飲んでいるあいだ、近くの村をぶらぶらしました。

村で毛糸を編んでいた女性。写真を撮っていたら、村民たちがわらわらと集まってきた!

村で毛糸を編んでいた女性。写真を撮っていたら、村民たちがわらわらと集まってきた!

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!