イラン カング村の家

イスラム圏の旅

マシュハド郊外のカング村 Kang village

聖地マシュハド近郊のカング村 Kang village」を訪れました。

マシュハドから30kmの山奥にある小さな村。

写真のように、山の斜面を利用して階段状に家が建てられています。

カング村の場所↓

カング村はどんな場所?

村は3千年くらい前にできたとのこと。

今残っている家で一番古いものは、築150年ほどだそうです。

家の屋根が上の家の庭

カング村
村の家々は「1つの家の屋上が、その上の家の庭か、通り道」という面白い造りです。

このような形式は「マースレー(ギーラーン州)」村が有名です。カング村は「ホラサン州のマースレー」と呼ばれているそうです。

村民は150人

カング村の家

村の人口は150人ほど。ほとんどがお年寄りです。

以前この村に住んでいた人の多くは、マシュハドなどに移り住みました。

村の家をそのまま残し、夏だけ戻って畑を耕したり果物を収穫する人も多いそうです。

観光客がいない静けさ

カング村

マースレーほど有名でないため、村では観光客の姿をほとんど見かけません。

土産物屋はなく、村の入り口に1、2の軒商店があるのみ。

廃墟になっている家も多く、村の中は恐ろしいほどシーンと静まりかえっています。

そんな中を歩いていると、突然上から老人が歩いてきたりして、ドキッとさせられたり、一見廃墟に見える家の中から、人の話し声が聞こえてきたりします。

カング村の移動手段はロバ

村の道は急な坂なので、荷物を運んだりするのはロバに頼っています。

共同でパンを焼く女性たち

共同でパンを焼く女性たち

夫婦2人の家

ある夫婦の家に招かれました。

村を歩いているうちにお腹がすいたため、たまたま通りかかった男性に「この村にパン屋はありますか?」ときくと、「うちに寄ってごはん食ってけ」と、無理やりに家の中に連れて行かれたのでした。

優しそうな奥さんが出てきて、まずお茶を出してくれて。

私が飲んでいる間に、目の前にお皿とコップ、ナイフとフォークのセットを並べていきます。

やがて大きなパンとお皿にたっぷりのごはん!が。

ああ、、、イラン人はなんて親切なんでしょう。
iran-food

中にチキンが入っていました。

油で揚げたチキンをごはんに入れて、いっしょに炊いたもの。「イラン風チキンビリヤニ」とでもいうべきものです。

最初は「絶対ぜんぶは食べられない!」と思ったのですが、これがおいしくておいしくて・・・・。

あっという間に全て平らげてしまいました。

ごはんは日本の米よりパサパサ気味でしたが、甘くて弾力がありました。

その後、奥さんと片言のペルシャ語で少し話をしました。

彼女はゴルガンという町の出身。この村の聖者廟を訪ねた時、たまたまご主人と知り合ったそうです。

年は40代。両親は亡くなり、兄弟もいないそうです。

夫婦には子供もいない。欲しかったので病院に行ったけれど、原因はわからなかったそう。

「これも神の思し召し」みたいなことを奥さんは何度もつぶやいていました。

話の内容はそれほど明るくないのですが、なぜか奥さんの顔は清々しくすっきりしていて、救われました。

人生にはどうにもならないことがたくさんある。

そういう時、イスラム教徒の人たちは、こうやって自分を納得させるんですよね。 

iran-kang-9

古い家を修理中の老夫婦

Kang村への行き方

1. 市内を走る地下鉄の終点「バキル・アバッド Vakil Abad」駅で降りる。

2. 目の前のバスターミナルで「トルガベTorghabeh」行きのバスに乗る。(約30分)

(ここからカング村行きのバスもあることはあるものの、本数が非常に限られいる)

3. トルガベでタクシーをチャーターし、カング村へ(約40分)
   タクシー料金は20万リアル

マシュハドにいらしたら、ぜひ足を伸ばしてみてください。

旅の参考になったら嬉しいです。

 

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

関連記事

  1. エジプトのVIP電車の1等車。車内販売もあり。

    イスラム圏の旅

    アスワンからカイロまでぶらり鉄道旅行

    エジプト南部の町アスワンから首都カイロまで電車で北上しました。…

  2. モロッコ タフロウト アイトマンスール

    イスラム圏の旅

    タフロウトからアイト・マンスールへ*廃村の古民家にホームステイ

    タフロウトからアイト・マンスール渓谷へ行きました。アイト・マンスー…

  3. イスラム圏の旅

    トネカボン *カスピ海リゾートはモダンな美女達の町

    イラン北西部にあるシーア派の聖地マシュハドから、西へ陸路でアゼルバイジ…

  4. オマーン シャブリン城

    イスラム圏の旅

    <ジャブリン城> オマーンで最も美しい城

    オマーンで最も美しい城であるジャブリン城 (Jabreen Castl…

  5. チュニジアのクサール ksar-ouled-sultan-

    イスラム圏の旅

    クサールの魅力を徹底紹介<チュニジア南部>

    サハラ砂漠の入り口にあたるチュニジア南部。ここでの見所の1つに「ク…

  6. イラン クーチャン

    イスラム圏の旅

    クーチャン*トルクメニスタンとの国境で羊の内臓に舌鼓

    イラン北部にある「クーチャンQuchan」という可愛らしい名前の町にや…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  2. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  3. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!