コルドコイ*トルクメニスタン国境近くの町で強制連行?!

イランの女子学生

ボバルを出て、コルドコイ(Kordkuy)という町にやってきました

バボルからコルドコイの旅の様子は、動画でもご覧いただけます。

 

コルドコイの町

イラン・コルドコイ

コルドコイはイラン北部のゴレスタン州にあります。

コルドコイ観光

バンダル・トルキャマン Bandare Torkaman

イランのバンダル・トルキャマン

バンダル・トルキャマンのトルクメン博物館

クルドコイの町に来たのは、そこから北へ15kmほど行ったところいある「バンダル・トルキャマン」という町へ行くのが目的でした。

トルクメニスタンに近いこの町に、トルクメン人の市があると聞いたからです。

コルドコイからバンダルトルキャマン

バンダル・トルキャマンは、コルドコイから北へ15kmほど行ったカスピ海沿いの町です。

トルクメニスタン国境にも近いこの町は、住民の多くがトルクメン人。

トルクメン人は中央アジアのトルコ系の民族で、主にトルクメニスタン、アフガニスタン北西部、イラン北東部で暮らしていま

イラン国内でトルクメン人が主に暮らすのが、このバンダル・トルキャマンです。

 


カスピ海沿いにピクニック小屋が並んでいました。平日なので誰もいませんでしたが。

マーケットはありましたが、商品は衣料品や食器などが中心で、ほとんどは中国製でした。

市場の近くにトルクメン人の衣装を着て記念撮影する小屋がありました。

イラン人にとってトルクメニスタンは、エキゾチックなイメージがあるのでしょうか?

イランのバンダル・トルキャマン

町の中心で見かけたトルクメン人の民族衣装の銅像。

バンダルトルキャマンに滞在しようと思っていましたが、適当なホテルがないので、コルドクイに戻りました。

コルドクイの中心部で危機一髪

 

イラン・コルドクイ

町の中心に広場があり、おじいさんたちが大集合していました。リタイアされた方たちでしょうか。

写真を撮らせていただくと、右端に立っていたギンガムチェックのシャツを着たおじさん(おじいさん?)が、「わしの写真を撮ってくれ」と。

イラン人男性

立派なヒゲとギンガムチェックの柄が、じつに良い感じです。

撮り終わって、しばらくブラブラしていたら・・・通りの向こうから背の高い男性が一目散に私めがけて近づいてきました。

そして開口一番「アイ・アム・ポリス」。
(ドキ!)

何も悪いことをしていないのに、心臓が震え上がってしまいました。

「パスポートを見せろ」と言われたものの、パスポートはホテルに置いたまま。

彼は英語が話せず、私はペルシャ語が話せませんので、何や何やらさっぱりわかりません。。。

すぐにもう一人ポリスが現れ、車に乗せられてホテルへ連行(?)されました。

それにしてもすごく飛ばします。本当に怖かった。。。。。

その後の経緯は詳しく書きませんが、なんとか事なきをえて「ほっ」。

スパイか何かに間違われた模様です。

ポリスたちは「悪い事したね。さっきの場所までお送りしますよ」と言ってくれましたが、(意外と親切なところあるわね)と思いつつ、すでにぐったり疲れはててしまった私は、お断りしました。

観光客がめったに行かない町で写真を撮るのは要注意です。

イランの少女

女の子はこんなに可愛いんですが。。。

コルドコイのホテル

Bahman hotel」。この町で唯一のホテルです。一泊約30ドルほど。

イラン・コルドクイのホテル
フロントは英語が話せません。

必要な時は、オーナーが英語が話せる自分の娘に電話し、コミュニケーション。

イラン・コルドクイのホテル

朝食はなかなかボリュームたっぷりです。

イラン・コルドクイのホテル
何種類かのジャム(サクランボ、ニンジン)、バター、チーズ、ホットミルク、オレンジジュース・・・・。

イランではニンジンジャムがよく食べられていて、これがとても美味しいです。

目玉焼きを食べていたら、なんと後からゆで卵も出てきた! 

卵ばかり食べられません。

結局、この朝食をかなり残してしまったのですが、それを見ていた従業員の女性が、とても不思議そうな顔してました。

イラン人は、こんなに朝からたっぷり食べるのかしら??

 ホテルの場所はこちら。

地図上の右手(東)の大きな広場(Shahardari Sq) から、ゴルガン(Gorgan)行きの乗り合いタクシーが出ています。

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA