アスタラ*アゼルバイジャン国境は下町情緒たっぷり

トネカボンから北西に移動し、アゼルバイジャンとの国境の町「アスタラ」にやってきました。

アスタラの場所↓

アスタラの様子

アスタラはなかなか雰囲気の良い町でした。

瓦屋根の建物

アスタラの建物

町の中心は国境近くです。

瓦屋根の建物が多く残り、下町の雰囲気を醸し出しています

そしてこの町にはチャイハネ(喫茶店)が多い。もちろんお客は男性ばかりです。

町の人はみなおだやかで友好的。

「国境」という言葉からイメージするギスギスした感じはまったくありません。

ビーチも近くにありますが(カスピ海)が、町の中を歩いているだけで十分楽しかったです。

アゼルバイジャン人とイラン人

iran-astara-5

国境近くで会った夫婦。おそらくアゼルバイジャン人と思われます

アスタラはアゼルバイジャンより物価が安いため、アゼルバイジャン人がよく買い物にくるそうです。(砂糖、小麦粉、パスタなどなど)。

イラン人もあちらへよく遊びにいく。

アルコールが飲めるから、というのも理由らしいです。

現在イラン人は100ドル払ってビザを取得する必要があるが、近い将来ビザなしで両国民が行き来できるようになるそうです。

ただ、私が話をしたイラン人は、「アゼルバイジャン人はイラン人みたいに親切じゃないし、物価も高い。ホテルも120ドルくらいするんだ」と言ってました。

アスタラのホテル

iran-hotel-12 iran-hotel-13親子で経営している模様。父・息子とも英語が話せました(それほど上手ではありませんが)。

当初、「一泊83万」と言われたところ、「75万でいい?」と値切ると、息子と思われる男性が嬉しそうにOKしてくれたので、拍子抜け。

「もっと値切ればよかった一。。。」。 

iran-astara-3

部屋の窓を開けると、目の前は公園。

バスルームにはスリッパも用意され、テーブルもありました。なかなか居心地良いホテル。

爪切りを日本から持参するのを忘れ、フロントに所望すると、ちゃんと持ってきてくれたし。
(他の町の四つ星ホテルでは、断られましたが)

自転車でオランダからイランに来た老夫婦

やや余談になりますが、ホテルで出会ったオランダ人老夫婦が印象に残っていたので、ご紹介。

アスタラ

アスタラの宿でいっしょだったオランダ人。オランダから自転車でイランまでやってきた。

オランダから自転車で5ヶ月かけてイランに到着したそうです。

ご主人は70歳、奥さんは60歳。毎日80㎞の距離を走るそう。

Warm Showers

ご夫婦は毎年2ヶ月自転車で旅行しているとのこと。6ヶ月アジア横断したこともあるそうです。

「イランでは自転車の運転は大変だね。突然自動車が突っ込んできたりするから」とご主人。

テントのご用意も。2人は基本、ホテルやWarm Showersという自転車コミュニティの会員の家に泊まるそうですが、不慮の事情などで泊まれなくなる場合のことを考えてのことです。

自転車に荷物を取り付けるところを見せてもらいました。

ほぼ1分間で完了。「システム化されているからね」とご主人。

それにしても、「夫婦二人」で旅できるって本当に羨ましい。

自転車で世界を旅するのは、定年後の理想的な旅の方法かも。

船旅や鉄道の旅も優雅ですが、その土地土地の匂い、風を体感できるという醍醐味は、自転車旅ならでは。

体の衰えを遅らせることもできます。

「徒歩旅行」という手もありますが、時間がかかりすぎる。

見たい国を見る前に寿命が来てしまうかもしれません。

私はふだんなるべく現地の交通機関(バス、乗り合いタクシーなど)を使うようにしているが、やっぱり限界があります。

それらが通っている場所にしか行けない。その点自転車は良いですね。

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA