モロッコ アガディール

イスラム圏の旅

【厳選】モロッコを知る4冊の本。旅の初心者からリピーターまで必読!

モロッコを知るのに最適な本を4冊ご紹介します。

『サラムモロッコ』

モロッコが好きで暮らした著者の思いがギュウギュウに詰まっているのが感じられる本です。

普通では得られない旅のヒントが随所に書かれています。

「モロッコで建築物の内部を見る場合、必ず見てほしいのが天井。

細かい彫刻やカラフル名模様の素晴らしさにハッとする。」

「(フェズの)メディナに足を踏みいれる前に絶対行きたいのが、丘高いところにある南の砦。

ここからの景色が、私がモロッコでお気に入りの景色ベスト3のひとつ。メディナの全景が見られる。

ここには朝一番で行くのがおすすめだ」

きれいな写真が豊富で、見ているだけで楽しい。

パラパラとめくっていると旅心を刺激される本です。

『モロッコ―北アフリカ (〈旅する21世紀〉ブック望遠郷) 』

モロッコの建築から生物、料理などあらゆるテーマについて詳細に解説した本。

図やイラストも豊富で、かなり踏み込んだ内容となっています。その詳しさは、辞典、図鑑と言っても良いくらい。

例えばモスクのミナレットについては、ラバト、マラケシュ、タンジェなどの主だったモスクをとりあげ、その形状やデザインの特徴を述べています。

もちろん旅行情報も詳細で、マラケシュの「クトビヤ」などは見開き1ページを使って説明しています。

モロッコに一度行ってハマり、「もっと詳しく知りたい!」という人におすすめです。

『迷宮都市モロッコを歩く』

主にメディナ(旧市街)の構造について詳しく述べた本。

各町のメディナの地図に加え、マドラサ、モスクの平面図まで掲載されています。

この本を片手に歩けばメディナ歩きがよりいっそう楽しくなるはず。

とくにフェズのメディア中心部の描写は圧巻。カラウィーンモスク周辺の地図なども掲載されています。

ここで道に迷ってグルグル歩き回った私は、「ああこの本があったらよかったのに」と思いました。

個人的にはサレ(首都ラバト対岸の町)のメディナの地図が非常に役に立ちました。

『紀行モロッコ史』

イドリース朝、マリーン朝など歴代の王朝の流れに沿うように、見どころを歴史的背景から紹介した本。

とても平易な言葉で書いてあるため、歴史が苦手な私の頭にもすっと入りました。

歴史書というよりは紀行本で、著者の感想が随所に述べられているのも興味をひかれます。

たとえば、モロッコのモスクの特徴について。

「モロッコの神学校全体についてもいえることだが、日本人にとって、実に親近感が持てる渋さで統一されている。

中近東、殊にイランやトルコのモスクを多く見た目には、これは正しく驚異だった。

ユーラシアの極東の国、アフリカ大陸の極西の国、この二つの国の色や形の嗜好が似るのはおもしろい。

それは、流入文化がそこで煮詰められ、純粋培養されることによって、より無駄なもの、けばけばしい色が落とされて洗練の土をたかめていった結果なのかもしれない。」
 

たしかにイランのモスクはとても美しいのですが、やや派手さが目立ちます。

その点モロッコのモスクは実に渋く重厚な美しさがあり、何時間見入っても飽きることがありません。

モロッコの旅を計画している方の参考になったら幸いです。

 

【関連記事】

モロッコはどんな国?治安と旅行の基本情報 

 

女ひとり、イスラム旅

女ひとりでモロッコ、チュニジア、オマーンなどを旅した旅行記。モロッコではラバトのプー太郎青年と知り合い、彼の自宅や古い邸宅に暮らす友人宅を訪ねた歩いた体験、カスバ街道の美女とハマムで汗を流した話などが書かれています。

イスラム流 幸せな生き方

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

関連記事

  1. モロッコ・テレコム

    イスラム圏の旅

    アガディール空港での両替・SIMカード購入・市内までの交通<モロッコ>

    カサブランカ到着後、国内線でアガディールに向かいました。(【カ…

  2. モロッコ タフロウト

    イスラム圏の旅

    アメルン渓谷の古く美しい村々(タフロウト近郊②)

    タフロウト市内で自転車を借りて、アルメン渓谷 (A…

  3. チュニジアのクサール ksar-ouled-sultan-

    イスラム圏の旅

    クサールの魅力を徹底紹介<チュニジア南部>

    サハラ砂漠の入り口にあたるチュニジア南部。ここでの見所の1つに「ク…

  4. モロッコ アズムール
  5. イスラム圏の旅

    パキスタン富裕層の家庭にホームステイ。メイドさんが10人!

    パキスタンの会社経営者カリムさんのお宅にホームステイさせていただいたご…

  6. ロンボク島・マタラム

    イスラム圏の旅

    マタラム*見所とホテル <ロンボク島>

    マタラムは西ヌサ・トゥンガラ州の州都であり、ロンボク島最大の町です。…

最近の記事

  1. 福岡マスジド 福岡のモスク
  2. ムスリム女性に救援は必要か?
  3. パキスタンフンザの結婚式
  4. バングラデシュの結婚式
  5. アブダビ女性 アブダビのカップル アラブ首長国連邦

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  2. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  3. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!