イランの聖地ゴム

イスラム圏の旅

聖地ゴム*ランダン明けの集団礼拝に参加しました。

聖地ゴムでラマダンを過ごし、ラマダン明けの礼拝に参加しました。

ゴムはイランの国教シーア派12イマーム派の聖地の1つです。

ゴムの場所

テヘランから南に約120kmの場所にあります。

テヘランからバスで1時間半ほどです。

聖地ゴム

12イマーム派の第8代イマーム「イマーム・レザー」の妹ファーティマの廟があり、シーア派の聖地の一つです。

訪れる旅行者はそれほど多くないのですが、そのぶん神聖な雰囲気にひたることができます。

ゴムはどんな雰囲気?

イランの他の都市ではコートとジーパンという姿の若い女性が多いものの、聖地ゴムは別。

イラン・ゴム
ここではチャドル以外の服を着ている女性を町で見かけることはありません。

やはりそれだけ神聖な場所だからでしょう。

イランの聖職者
町では聖職者をよく見かけます。(右)

パン屋の前で、焼きたてのパンを冷ましている人たち。

聖職者の帽子は「白」と「黒」があり、黒の方は預言者ムハンマドの血筋にあたる人、白はそれ以外の方だそうです。

マアスーメ廟

シーア派第8代イマーム(宗教指導者)の妹であるファーティマが祀られています。

イラン・ゴムのマアスーメ廟ラマダン中、聖廟の中の広場では、断食明けの食事をとる人たちで賑わっていました。

 

 

 

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

 

関連記事

  1. モロッコ ティズニット

    イスラム圏の旅

    モロッコ女性一人旅で気を付けるポイントは?意外な注意点

    モロッコを女性一人旅したいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?…

  2. イランの女性タクシードライバー イラン女性

    イスラム圏の旅

    イランの町中でタクシーを拾う方法&女性タクシー運転手について

    イランには、女性ドライバーのタクシーがたくさん走っています。運転技術は…

  3. シリアの農村

    イスラム圏の旅

    シリアの村*15年ぶりに村長さんと再会

    シリアのとんがり帽子の家の村に泊まりました。中部の町ハマから車で20分…

  4. インドネシアのおかゆ インドネシア ボロブドゥール

    イスラム圏の旅

    ボロブドゥール市場は遺跡よりもエキサイティング

    インドネシアのボロブドゥール遺跡。ジャワ島中部にある仏教遺…

  5. イラン メイマンド村

    イスラム圏の旅

    メイマンド *世界遺産「メイマンドの文化的景観」に残る数万年前からの洞窟住居。

    イランには洞窟住居が残っていて、今でも暮らしている人がいます。住居はな…

  6. モルディブ人

    イスラム圏の旅

    中東イスラム圏の女性一人旅で注意すべきこと

    中東やイスラム圏に行きたいけど、女1人で大丈夫かな?治安とかどうなのか…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  2. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  3. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  4. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
PAGE TOP
error: Content is protected !!