聖地ゴム*ランダン明けの集団礼拝に参加しました。

イランのゴムにてラマダン明けの集団礼拝

ゴムのファーティマ廟にてラマダン明けの集団礼拝に参加した女性たち。

聖地ゴムでラマダンを過ごし、ラマダン明けの礼拝に参加しました。

ゴムはイランの国教シーア派12イマーム派の聖地の1つです。

ゴムの場所

テヘランから南に約120kmの場所にあります。

テヘランからバスで1時間半ほどです。

聖地ゴム

12イマーム派の第8代イマーム「イマーム・レザー」の妹ファーティマの廟があり、シーア派の聖地の一つです。

訪れる旅行者はそれほど多くないのですが、そのぶん神聖な雰囲気にひたることができます。

ゴムはどんな雰囲気?

イランの他の都市ではコートとジーパンという姿の若い女性が多いものの、聖地ゴムは別。

イラン・ゴム
ここではチャドル以外の服を着ている女性を町で見かけることはありません。

やはりそれだけ神聖な場所だからでしょう。

イランの聖職者
町では聖職者をよく見かけます。(右)

パン屋の前で、焼きたてのパンを冷ましている人たち。

聖職者の帽子は「白」と「黒」があり、黒の方は預言者ムハンマドの血筋にあたる人、白はそれ以外の方だそうです。

マアスーメ廟

シーア派第8代イマーム(宗教指導者)の妹であるファーティマが祀られています。

イラン・ゴムのマアスーメ廟ラマダン中、聖廟の中の広場では、断食明けの食事をとる人たちで賑わっていました。

 

ラマダン明けの集団礼拝

ラマダン月が終わると、その翌朝、人々はモスクに集まって礼拝を行います。

イランのゴムにてラマダン明けの集団礼拝

その集団礼拝に参加しました。

ゴムの様子は動画でもご覧いただけます。

こちらは、集団礼拝の様子です。

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA