チュニス*フランス風の新市街と世界遺産の旧市街

チュニス・ハビブブルギバ通り

市内一番のメインストリート、ハビブ・ブルギバ通りの中央の遊歩道を楽しそうに歩く女性たち。

チュニジアの首都チュニス。チュニジアの政治、経済、産業の中心地です。

町は新市街と旧市街に分かれ、旧市街は世界遺産に登録されています

人によっては、チュニスはヨーロッパ的で面白くないという方もいるかもしれませんが、首都らしく活気があり、またメディナ(旧市街)は迷路のようで、何度行っても飽きない場所です。

この記事ではチュニスの見所、おすすめのホテル、レストランなどを紹介します。

チュニスの場所

チュニスの観光地

メディナ(旧市街)Medina

チュニスのメディナ

メディナの中の土産物店で商品を選ぶ女性。

新市街はヨーロッパ的な町並みですが、こちらはどっぷりアラブの雰囲気に浸れます。

グランドモスクを中心に商店街が広がり、お土産物から日用品まで、ありとあらゆる店があります。

そこから一歩入れば、庶民的な住宅街が広がり、細い道がくつも張り巡らされ、まるで迷路のよう。

自分の歩いている場所や方向が分からなくなってしまうような、さまよい歩く楽しみがあります。

チュニスのメディナ

メディナ観光の注意

メディナの中のお店は閉まるのが早く、夕暮れをすぎるとほとんどの店が閉まってしまいます。人通りも少なくなりますから、観光はあまり遅くならないうちに。

日曜日はお店は休みです。メディナの中はひっそり静まり返っており、女性が一人で歩き回るにはあまり適していないでしょう。

<チュニス旧市街の場所>

グランドモスク(ジャーミア・ズィトーナ)Al-Zaytuna Mosque

チュニスのジャーミア・ズィトーナ

建造にはカルタゴ遺跡の石材が多く使用されている。9世紀半ばの建造から何世紀にもわたって改修が加えられ、今の形となった。

ケロアンのグランドモスクについで、チュニジアで2番目に古いモスク。9世紀半ばアグラブ朝時代に建設されました。

ジャーミア・ズィトーナは「オリーブ・モスク」の意味。もともとこの地に多くのオリーブの木があったことから、こう名付けられたそうです。

このモスクを中心にチュニスの町は発展していきました。いってみれば、チュニスの母のような存在です。

チュニジアは今でこそアラブの中で最も西洋化していると言われるものの、古くはかなりイスラミックな場所だったんだなあと思います。

<ジャーミア・ズィトーナの場所>

住所:30 Rue Jamaa Ez Zitouna

中央市場 Municipal Market

チュニジア市民の台所。周辺は下町の雰囲気があります。

特に魚市場は威勢の良い売り手の声が響き、とても活気があります。魚市場の様子です↓

<中央市場の場所>

ハビブ・ブルギバ通り

チュニス・ハビブブルギバ通り

市内一番のメインストリート、ハビブ・ブルギバ通りの中央の遊歩道を楽しそうに歩く女性たち。

新市街のメインストリート。中央には街路樹が植えられた遊歩道があり、晴れた日に歩くととても気持ちの良い通りです。

通りの両側にはフランス風のオープンカフェが立ち並び、お茶を楽しむ人々の姿が。

この通りの突き当たりにあるのが、メディナの入り口:フランス門です。

動物園 Zoo Tunis

ベルべデール公園の中にあり、市民の憩いの場になっています。

<チュニス動物園の場所>

 

チュニスのホテル

ホテル ベルヴェデーレ フーラティ(Hôtel Belvédère Fourati)

チュニスのホテル

ベルべデール公園の近くの静かな立地にあります。

写真には写っていませんが、寝室の他にもリビングがあり、余裕の広さ。

日本人ビジネスマン御用だちのホテルだけあり、日本のテレビ番組も視聴できます。

メディナまでは少し距離がありますが、タクシーに乗ればすぐですし、歩ける距離でもあります。

ホテル ベルヴェデーレ フーラティ

住所:10 Avenue Des Etats Unis 電話番号:+21671783133

そのほか、ハビブ・ブルギバ通り沿いには、3つ星ホテルから5つ星ホテルまで、多くのホテルが並んでいます。

裏通りは一部あまり治安が良くなさそうな場所があるため、女性1人の宿泊では「チュニジア・パレス」「アフリカ」などが良いでしょう。

チュニスのレストラン

★Restaurant The Ben Arous

メディナの中にあるこじんまりとした食堂です。味は確かで量もたっぷり。

Restaurant The Ben Arous

+216 52 275 327
Rue Sidi Ben Arous, La Medina

★Restaurant le Caire

安くて美味しくておすすめ。

カイロ通りRue du Cairには、気軽に入れる庶民的な食堂がたくさん並んでいます。

カイロ通りの場所はこちら↓

 

さいごに

チュニスにはじめて行く前、友人が「チュニジアはつまらなくて、半日で出てしまった!」と言っていたので、あまり期待はしていませんでした。

たしかにハビブ・ブルギバ通り周辺などは、いかにもヨーロッパ的で、アラブの雰囲気を期待してきた人には、ちょっとがっかりかもしれません。

しかしメディナの中は迷路のようで、奥まった場所にはアラビアンナイトを彷彿とさせるような雰囲気のカフェもたくさんあります。

次回はチュニスのメディナだけでも2日間くらい時間をとってぶらぶらしたいなあと思います。

【関連記事】

【完全版】チュニジアはどんな国? 観光・基本情報 徹底ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA