モルディブ料理:焼き魚は唐辛子味!庭に生えているココナツの木を燃料に

オマドー島

モルディブの家庭で料理を教えていただきました。今回は焼き魚です。

 

 

日本の焼き魚といえば「塩」で味付けですが、モルディブでは「唐辛子ペースト」です。

ペーストの材料は唐辛子、ニンニク、ショウガ、黒コショウ。

モルディブ・ローカル島・オマドー島

焼くのは庭です。

燃料はココナツの葉っぱと乾燥したココナツの実。

モルディブには、どの家にココナツの木があります。

ココナツが料理のベースにもなれば、燃料にもなるのです。

                    *

魚を焼きながら、奥さんが「あなたの家には何の木が生えているの?」と言いました。

私が「何もない」というと、

え!?と絶句。

「庭がないから」と言うと、とても残念そうな顔をしていました。

この家にはバナナの木もあるそうです。

バナナはカレーにして食べることも。

バナナのカレー、食べてみたいなあ。

お部屋も拝見させていただきました!↓

モルディブの家庭

食事の付け合わせは、ココナツミルクと砂糖です。

モルディブ料理

これをごはんにかけて、混ぜながら手で食べます。

料理が辛いので、甘いココナツミルクで口直しするのです。

ご飯に砂糖をかけて食べる!

世界には様々な食文化があるのですね。

それも砂糖はかなりたっぷりです。

ここで日本人的には(というか、私は)「砂糖の取りすぎじゃない?だったら辛さを控えめにすればいいのに」と内心思ってしまいますが、やはりモルディブ人にとって、「辛さ=美味しさ」だったりするんでしょう。

またモルディブの食事は常温のものが多いのですが、手で食べるので熱いものは食べられないのですよね。

【関連記事】

モルディブ家庭料理:マグロカレーの作り方