チーキョフテの作り方:トルコ家庭料理

トルコ家庭料理 チーキョフテ

トルコで最も思い出深い食といえば「チーキョフテ」です。

「チー」とは生、「キョフテ」は肉団子の意味。

つまり生肉の団子です。(最近は衛生上の理由で肉を入れるのは禁止されているそう)

材料はひきわり小麦、トマトペースト、唐辛子、オリーブオイル、青ネギなどで、これらを混ぜ合わせ、焼かずに「生」で食べます。

初めて食べたのは、シャンルウルファの家庭です。その時の様子↓

材料をこねて、てっきり焼くのかと思ったら、なんとそのまま「生」で食べる!

その衝撃のためか、辛さのせいか、一口食べただけで、どうしても食べ続けることができませんでした。申し訳ないけれど、ほとんど残してしまったのです。

今までイスラム圏の色々な家庭で食事をいただいてきましたが、どんな時も美味しく食べてきました。マズイと思ったのはこの時が初めて。

家族の皆はものすごく美味しそうに食べていて(当たり前です、彼らの一番愛する郷土料理なのですから)、

う〜どうしてこんなものが食べれるんだろう!と不思議に思ったくらいです。

チーキョフテ Çiğ köfte

レストランで食べるチーキョフテ↑

左の薄いパンに、チーキョフテとハーブ類をはさんで食べます。本当に栄養満点。

 

けれども、その後どういうわけか、チーキョフテが病みつきになってしまったのです。

トルコの行く先々で、チーキョフテの店を探すほどに。

これはどういうわけなのか?

きっと店で出すチーキョフテは、万人の口に合うよう、まろやかに作られているからだと思います。

あの時の家庭の味より、辛さひかえ目、甘さがあるのです。

でもあの家庭でいただいたチーキョフテこそ、本来の味に違いありません。

チーキョフテの味わいに目覚めた今なら、あの家庭の、無愛想で無骨な味のチーキョフテが、きっと美味しく食べられるだろうなあ。

 

【関連記事】

<トルコ家庭料理>イチリキョフテ&イマーン・バユルドゥの作り方