タイのイスラム教徒の島で家庭料理を教わってきました。<タイ・クラーン島>

タイ・クラーン島

タイ・クラーン島

タイのクラーン島(Ko Klang) に行ってきました。

クラーン島はプーケットの近くにあるイスラム教徒の島です。モスクがいくつもあり、アザーン(礼拝の呼び声)が流れています。

クラーン島とは?

ほぼ100%イスラム教徒の島。タイ南部の町クラビーから船で渡ります。

場所はこちら↓

ここで宿泊したのは、Nisarine Homestay という家族経営の民宿です。料理上手なお父さんとハーブティー作りが好きなお母さんが営んでいます。

タイ・クラーン島

Nisarine Homestay のお父さん。ココナツをギョウザの皮でくるんで揚げたお菓子を買っているところです。

このお父さんに絶品タイ料理を教えていただきました。

まずはタイ風スープ。作り方はとても簡単です。

Thai soup

右がスープ、真ん中にあるのはフィッシュフライのピーナツソース和え、その上がタイ風さつま揚げです。

スープにはレモングラスがたっぷり入った、ザ・タイ風薬膳スープです。

*タイ風スープの作り方*

 

材料 (分量は人数によって調整)

ニンニク
タマネギ
レモングラス

調味料(分量は好みの味によって調整)


砂糖
ナンプラー(魚醤)
チキンストック

作り方

1 鍋に油をしいて、細かく刻んだニンニクを炒める

2 ニンニクが小麦色になるのを見計って、水を加える。

3 鍋の水が煮立ったら、塩、ナンプラー、砂糖少々を加える。

4 あらかじめ刻んでおいたニンニク、タマネギ、レモングラスを入れる。

5 味を見ながら調味料を調節して、味を整える。

 

クラーン島の宿 Nisarine Homestay @ Koh Klang 

ネットで最高の評価を得ているこの宿。泊まってみて正解でした。

宿泊料は1人2500円ほど。夕食つきで、部屋はとても清潔。

何よりお父さんとお母さんの温かな人柄が魅力です。

タイ・クラーン島

ハーブティーの用意をするお母さん。家の近所でとれたハーブを日光に当てて乾燥させます。

【関連記事】

タイ・クラビの秘島クラーン島の観光・ホテル・レストラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA