2016-12-05

チュニジア家庭料理:バルコークシュ(南部の郷土料理)の作り方

バルコークシュ

バルコークシュ Barkoukech。チュニジアの南部だけで食べられている料理です。

クスクスと作り方は似ていますが、それより少し手間がかかる料理です。

スターウオーズの舞台になったマトマタの村近郊のお宅で、このバルコークシュをいただきました。

バルコークシュの作り方

1 たらいにクスクス、小麦粉、水を入れ、それらを手でなぜながら何度もまぜます。まぜているうちに、クスクスと小麦粉が固まり、大きな粒になります。バルコークシュ

2 粉ふるいに入れ、大きな粒と小さな粒を選り分けます。

バルコークシュ

小さな粒を、さらに水と小麦粉をまぜて大きな粒にします。この「まぜ合わせ」作業を、30分から1時間くらい繰り返します。けっこう根気がいる作業です。

できあがった粒は、こんな感じです。 

バルコークシュ

バルコークシュ・スープの作り方

このお家では、豆入りのスープを作りました。

バルコークシュ・まず、豆を水に入れて火にかけます。

・これに刻んだ玉ねぎを入れ、コズバラ、サフラン、塩を入れて煮込みます。

・さらに冷凍してあった肉を入れ、ハリサ(唐辛子ベースの辛口の調味料)、オリーブオイルを入れる。

バルコークシュスープがある程度出来上がったら、スープ鍋の上にバルコークシュを置いて蒸します。この要領は、クスクスと同じです。

食べる直前にスープにバルコークシュを入れて、できあがりです。

バルコークシュ

手間がかかるので、このお宅では月に1回くらい食べるそうです。

バルコークシュ食べるときは、家族みんなで輪になってお皿を囲みます。

本当にごちそうさまでした!

【関連記事】

チュニジア料理②クスクスの作り方をチュニジアママから伝授!

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジアの一人旅、旅行情報について知りたい方は、こちらの本をどうぞ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!