マトマタ*穴居住宅の暮らしを紹介

マトマタの穴居住居
チュニジアには、映画「スターウォーズ」のロケ地になった場所がいくつかあります。

その一つが「マトマタ」。ここに穴居住居が残っています。

先住民ベルベル人の住居で、地面に大きな穴を掘り、その穴から放射状に横穴をくりぬいた住居です。

アラブ人が来る以前からベルベル人はここに暮らしていました。

その侵入を恐れて山中に逃げ込み、山肌に洞窟のような住居を造って暮らすようになります。

やがて平和なるにつれ、このマトマタのような平原に下りてきて居穴住居をつくったそうです。

マトマタの場所

マトマタに行くには、南部の拠点となるガベスに行き、そこでマトマタ行きのルアージュ(乗合バン)に乗り換えます。

チュニスからガベスまでは、車で4時間くらい。ガベスからマトマタへは1時間ほどです。

マトマタの居穴住居の今

 

マトマタ

マトマタの穴居住宅。地面に大きな穴をほり、そこから横穴をほって部屋にしている。

マトマタの居穴住居は、現在ホテルに転用されていたり、廃墟になっていたり家畜小屋になっていたりするものがほとんどです。

そこでの暮らしが見たかった私は、マトマタから10kmほど北西にある「ベニアイッサ」村へいきました。

ここで知り合ったカリーマさんという女性に、住居を案内していただきました。

そこでの暮らしをご紹介します。

白壁・ドーム型天井

マトマタの穴居住居

リビング。

まず家の中。どの部屋も壁が白く塗られ、天井はドーム型をしています。これがなんとも温かみがあります。

それに天井が低いので、なんだか落ち着きます。

キッチン、寝室など家の中の部屋はすべて同じつくりになっています。

土の中なので、冬温かく夏は涼しいそう。この辺りは7、8月に気温が50℃近くになりますが、家の中は25℃くらいに保たれているそうです。

チュニジア・マトマタの居穴住居

キッチン。

毎日の食事はカリーマさんと兄嫁さんが共同で作ります。

料理している間は、年長の娘さんが他の子どもの面倒をみます。大家族はいいですね。

朝食


tunisia-beniaissa-2
おじゃましていきなり朝食をいただいてしまいました。メニューは、ポテトとししとうのフライなど。

奥にある赤いものが、唐辛子のペースト(「ハリサ」)です。ハリサはチュニジア料理の基本アイテム。

唐辛子にトマトやニンニク、オリーブオイルやスパイスを加えたもので、これはやみつきになるおいしさでした。

マトマタの穴居住居

お茶は炭火でいれる。炭をおこす火鉢は「カヌーン」という名前。

お茶は緑茶で、ミントと砂糖がたっぷり入っています。お茶は中国からの輸入だそうです。

お茶の作り方は、まず左の赤いポットにお茶の葉とドライミント、砂糖たっぷり入れ、炭の上でグツグツと煮込みます。

お茶が煮立ったら、グラスにほんの少し注ぎ、色が出ているか確かめる。それをポットに戻し、再度注いで味を見て、ちょどよければ、飲み頃です。

飲み終わったグラスは、左の青いバケツにある水にさっとくぐらすだけ。すぐにおかわりのお茶を注ぎます。

豆たっぷりのクスクス

チュニジアのクスクス

そうこうしているうちに、ランチに時間に。朝食に加えてランチもいただいてしまいました!

干し肉、たくさんの種類の豆が入ったヘルシーなクスクス(世界最小のパスタ)。

チュニジアのクスクスの調理器具

これは、クスクスを蒸しているところ。下段の鍋に水が入っていて、その蒸気でクスクスを蒸します。できあがったら、クスクスの上からスープをかける

雨水をためる貯水槽

ベニアイッサの居穴住居の暮らし

家の外には雨水を貯める貯水槽があります。

チュニジアは南北に長い国です。地中海に面した北部は湿潤な気候ですが、南部のこの辺りは乾燥していて、年間降水量はわずか200ミリほどしかありません。

そのため雨水を保管して、あらゆる生活用途に使うのです。

家の周囲に掘った溝から導いて集めています。雨水は料理、家畜の飲み水などに使うほか、お茶をいれるのにも、お茶を飲んだグラスをすすぐのにも使います。

ベニアイッサの家の家畜たち

今では居穴住居の横にコンクリートの家を建て、そこで暮らしている家族が増えているそうです。

 

マトマタのホテル- MATMATA HOTEL

マトマタホテル

部屋は広く快適。車やツアーのアレンジなどもやってくれます。

Hotel Matmata

Matmatat-Al-Qadimal

+21675240066

 チュニジア、マトマタ の詳しい情報については、こちらの本をご覧ください。

女ひとり、イスラム旅
チュニジア、オマーン、モロッコなどイスラム圏の国々を女性一人で旅して、人々の家に呼ばれたりした旅のエッセイ。イスラムの人たちの温かさがかいま見れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA