地球上の最後の秘境を写しとる『最後の辺境―極北の森林、アフリカの氷河』 この広い世界を知る100冊の本③

最後の辺境―極北の森林、アフリカの氷河

海外に思うように行けない状況の中で、少しでも本で海外のことを知りたいと始めた「この広い世界を知る100冊の本」シリーズ。

3冊目は、最果ての地の自然を撮り続ける写真家・水越武氏の写真集『最後の辺境極北の森林、アフリカの氷河』 です。

アフリカの氷河、コンゴ川流域の熱帯雨林、カラコルムの五大氷河、南米イグアスの滝、黄河源流の幻の山アムネマチンなどが8つの辺境地の写真がおさめられています。

今はグーグルアースで世界の隅々まで細かく目にすることができ、「秘境」はもはや存在しないのではないか?という錯覚をおぼえます。

しかしその場所へ到達するまでの苦労や、行く前の情報を集める労力、行った先でのトラブルは、決してグーグルアースでは体験できない。

熱帯雨林の中で害虫、マラリヤ、毒蛇などの恐怖にかられることもなければ、高山で凍傷になる恐れもない。

「トラブル」はグーグルアースの旅では決して体験できません。

機内食を食べたら下痢した!

予約していたホテルの部屋がなかった!

旅行について後で懐かしく思い出すのは、その手のトラブルです。

そんなことを、この『最後の辺境極北の森林、アフリカの氷河』を見ながら思いました。

よろしければ、ぜひお読みください!