老いない人は何を食べ、何をやめているのか?

私たちの体をつくっているのは、ふだんの食事です。

だから、いつまでも若々しくいるためには、その「食事」を正すことが最も大事です。

何を食べて、何を食べてはいけないのか。

そのヒントになる本が「老けない人はやめている」。

40代からあらゆる栄養学を学び、体を健康に若々しくさせる食事について徹底的にマスターしたアンチエイジングスペシャリストの著書です。

夕食に炭水化物をとりすぎない

成長ホルモンの最大の敵は「糖質のとりすぎ」です。

糖質をとりすぎると、インスリンというホルモンが大量に分泌され、これが成長ホルモンの分泌を阻害します。

成長ホルモンがたくさん分泌されるのは夜です。

成長ホルモンの働きをよくするために、夜に糖質をとりすぎるのは良くないそうです。

忙しい夜は刺身パック

生の食品は、消化にかかる負担が少なく、抗酸化成分や酵素がとれます。

軽く火を通した焼き鳥やしゃぶしゃぶなども良いそうです。

レストランで肉をオーダーするときは、ミディアムレアかレアでオーダー。

著者も夕食を生の食事に切り替えたところ、夜ぐっすり眠れ、翌朝のすっきり目覚めることができるようになったそうです。

果物のとりすぎは×

膵臓へ悪影響を及ぼすそうです。

また果糖のとりすぎは血圧を上昇させ、お腹周りの脂肪を増やします。

食べるなら、朝食に糖質の少ないグレープフルーツ、キウイ、ラズベリー、アボガドなどがおすすめです。

大豆が良いわけではない

大豆には栄養素の吸収を阻害する成分が含まれているそうです。

この成分は発酵させればとりのぞけます。

そのため味噌や納豆などは良い。

しかし水分を多く含む豆乳・豆腐には残ってしまうとのこと。

ただ豆腐に残る量は少しなので、食べ過ぎなければokだそうです。

油が脳を活性化

この理由も本書にていねいに記されています。ここでは字数の限りがありますので、詳しくは著書をぜひお読みください。

【関連記事】

これをやめれば健康に!「医者が教える食事術 最強の教科書」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA