【文章を早く書く方法】3000字の原稿を1日で書く

世の中には3000字を1時間で書く方法もあるようですが、そこまで早く書けないが、なるべく早く書きたいという方のために、私の方法をご紹介します。

たとえば「アラブの生活」について原稿を書くとします。

素材をリストアップ

まずは原稿に入れる内容をどんどん書き出します。

書き出しがすんだら、全体の文字量を確認。「文字数カウント」を使うと便利です。

この段階で7000〜8000字くらいあると、とりあえずほっとします。
足らない原稿を増やすのは大変ですが、多いものを削るのは、まだ簡単だからです。

そして同じ内容をまとめたり、順番を入れ替えたりします。この段階では、あくまで「ざっくり」です。

書いた内容をプリントアウト

そして原稿全体をプリントアウト。リストアップした内容の構成を考えたり、いらない内容を削ったりします。なぜプリントアウトするかというと、

原稿
全体が一目で「見える」から。

特に構成を考えるのに効果的。これをPC画面上でスクロールしながら、ああでもないこうでもないと考えるのは非常に効率が悪いです。

赤字を反映

紙上で赤を入れたものを、PC上で反映します。要らない内容を大幅に削るので、これで4000〜5000字くらいになります。

さらに原稿をブラッシュアップ。3500字くらいまでにします。ようやく完成まじか。

紙で誤字脱字チェック

完成原稿に近づいたら、またプリントアウトし、今度は誤字脱字をチェックします。冗長な表現をスリムにしたりもします。

誤字脱字チェックも、PC上より紙で見る方がやりやすい。

こういった感じで、私は2〜3回プリントアウトします。PC上ですべて完結するよりスピーディーだから。

ブログの記事などはそこまでやりませんが、商業目的の原稿は必ず紙で確認します。

(プリンターのインクが高いのが悩みのたねです。)

さらに早く書きたい、3000字を1時間で書きたいという方は、こちらの本も参考になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です