読書

写真集「ブルー・ノート」と写真展「Kind of Blue +」(タクマクニヒロ)

 

「ブルー・ノート」(タクマクニヒロ)

写真集「ブルー・ノート」の帯には「あなたは今、好きなことをしていますか?」と書かれている。

 

写真集「ブルー・ノート」

写真集は、あまり売れるものではありません。

そんな中、この「ブルー・ノート」タクマクニヒロ)は、口コミだけで3万部売れているという。

写真には、タクマさんが試行錯誤をしながらカメラマンになり、様々な媒体で活躍するようになるまでの経緯が書かれている。

フォトエッセイ集に近い。

このブルー・ノートの写真展が今行われていると知り、さっそく行ってきました。

タクマクニヒロ写真展「Kind of Blue +」
2017.6.20(火) – 25(日) 
Spiral Garden 11:00 – 20:00 入場無料
東京都港区南青山5−6−23(スパイラル1階) 

会社員からカメラマンへ

 

大きな窓がある明るい会場

タクマさんは、大学時代からカメラマンになりたいと思っていました。

しかしいきなりカメラマンとして食べていくのは自信がない。

そこで、とりあえず会社に就職しました。

「写真は趣味でいいや」と思っていたそうです。

ある日夢を見ます。

医者に「あと半年の命です」と宣言される。

泣き崩れるタクマさん。「なぜカメラマンにならなかったんだろう」。

その時、天使が現れたました。

「もう一度人生をやり直せるならやり直してみたい?」。

過去の記憶は全て消えてしまうという条件でよければ、人生をやり直せるという。

次の日の朝、会社に辞表を出しました。

そしてカメラマンになるために上京。

写真の専門学校に入りましたが、授業料が払えなくて半年で中退。

カメラマンのアシスタントになったものの、基礎ができていないため毎日怒鳴られ、3ヶ月で頭髪が真っ白になってしまったそうです。

これもやめることになる。

さてどうするか。

無給でカメラマンのアシスタントを

写真展は撮影・公開自由です。

そこで雑誌の女の子の写真コンテストに応募しようと考える。

原宿で片っ端から女の子に声をかけ、モデルになってもらい、応募。なんとグランプリをとってしまった。

さらにすごいのは、スタジオワークを学ぶため、まだアシスタントのいないカメラマン数人に「お金いらないから、撮影のアシスタントやらせて」と頼み、技術を覚えたことでした。

100万円がたまり、モデルクラブのモデルで撮影した写真で出版社に営業。

すべての出版社から撮影依頼が来たそうです。

CDジャケット、広告、カレンダー、雑誌と様々な媒体で仕事をするように。

そうやって有頂天になっていたら、仕事でトラブルが多くなり、1000万円近い借金を背負ってしまいました。

そして気づいたそうです。

「今まで起こったことは、全てを他人のせいにしてきたツケだ」。

真っ赤なポピー畑

そんなある時、撮影で行った公園で真っ赤なポピー畑に出会います。その色にタクマさんの中で戦慄が走りました。

そして全国の花を撮り歩きました。撮りためた写真で写真展を行い、3週間に7000人の人が来てくれたそうです。

ようやく仕事の意味が分かりました。「素敵な写真を見せてくれてありがとう」と言ってもらえること。写真を見た人に喜んでもらえること。それが仕事をすることの意味だと。

人生はカーナビ

写真集の巻末には、タクマさんがこれまでの人生で「いろんな事を経験して思ったこと」が書かれています。

・何かするときは、楽しいか楽しくないかで選んだ方がいい。

・ピンと感じた直感はとても大切。

「いつかやろう」って思ってる限り永遠に何もできない。

人生ってカーナビと同じ。自分の人生の目的地に向かってナビのスイッチを入れない限り、いつまでたっても到達できない。

でも、目的地にスイッチをいれたら、どんなに回り道をしても、自分があきらめない限り必ず目的地に到着する。

この写真展を見るため、福岡から上京してきた人もいるそうです。

撮られているのは身近な風景ばかり。

それなのにいつまでも見ていたい気持ちにかられる。

梅雨時の少し鬱々した時期に、ぜひ見たい写真展・写真集です。[itemlink post_id=”35070″]

関連記事

  1. 読書

    「バリから行く手つかずの楽園ロンボク島」*素敵な旅本に出会える場所:INAXブックギャラリー

    ここに来ると、つい本を買ってしまうという本屋があります。私にとってはI…

  2. 朝食のフルーツ

    読書

    『フィット・フォー・ライフ——健康長寿には「不滅の原則」があった!』*朝食のフルーツは「金」!マーケ…

    イスラム圏である北アフリカのチュニジア、モロッコ、エジプトなどでは、果…

  3. 読書

    『弾言』* 成功する人生とバランスシートの使い方

    小飼弾さんの著作「弾言」をよみました。かつて、(株)オン・ザ・エッ…

  4. フィンランドのサウナ

    読書

    幸福度ランキング1位のフィンランドとサウナには、イスラム圏と意外な共通点が。『フィンランド人はなぜ午…

    幸福度ランキングで例年1位となるフィンランドには、以前から興味がありま…

  5. 読書

    『世界は終わりそうにない』(角田光代)に記された「コシャリ」の正しい食べ方とは?

    角田光代さんの本「世界は終わりそうにない」を読んでいた…

  6. イラク湿地帯

    写真展・カメラ

    世界遺産「アフワール」(イラクの湿地帯)現地報告と写真展

    砂漠の国というイメージがある中東の国「イラク」。実はここに湿地帯があり…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  2. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  3. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  4. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
PAGE TOP
error: Content is protected !!