「断る力」 (文春新書・勝間 和代)

「断る力」 (文春新書・勝間 和代)

誰でも代用のきく大勢のうちの一人から、
今のようにスペシャリティな存在に成長できたのは、
人生のある時期に「断る力」を身につけたからだという勝間さん。
この本には、その断る力の重要性、
断ったら嫌われるかも・・などというリスクを
最小限におさえるノウハウなどが書かれています。

私たちはだれでも、自分の不得意な部分を克服しなければ・・
と考えてしまいがちです。
でも、人間なのだから、得意・不得意があってあたり前。
不得意なところに意識を傾けるよりも、
自分の財産である得意な分野に意識を集中し、
それを伸ばすようにつとめる方がよい。
そのためには、不得意な分野は本書で述べる「断る力」
を発揮して、なるべく時間を割かないようにすべき。
これが、断る力の大切な理由です。

これまでの自分の生き方をふりかえっても、
自分は何が好きで何が得意で、何だったら力を発揮できるか
突き詰めて考えてきたことがなかった気がします。
自分の得意なことに神経や行動を集中すること、
それこそが、自分自身を大切にするということ。
本書はそんな大切な気づきを与えてくれました。

「断る力」 (文春新書・勝間 和代)

◆目次◆

はじめに
第1章 総論 「断る力」の圧倒的な効用を理解する
第2章 ホップ 自分の揺るぎない軸を持つ
第3章 ステップ 相手への建設的な影響力を発揮する
第4章 ジャンプ 「断る力」で、自分と周囲の好循環を作る
おわりに

>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA