「朝食抜き」で体調改善&1日が劇的に変わる!

「朝食を食べない方が良い」と書かれた本は多くあります。

そこで朝食抜きに朝鮮してみました。

今10日目。

「これほど良いものはない!」と感じています

1日が長くなる

朝食を抜くと、1日が長く感じられます。

私はふだん家で作業しています。

朝食を食べる時は、作業を中断します。

これが気分転換になるといえばそうなのですが、やっぱり調理して食器を洗う時間がかかります。

今は起きてから昼食まで仕事に集中できます。

気づけば、「あれ、まだこの時間?」と思うことが、しばしばです。

疲れない

朝食・昼食と食べていた時は、昼食の後眠くなってしまうことがよくありました。

消化吸収というのは、想像以上に体を酷使します。

朝・昼の2回食べていた頃は、かなり体を疲れさせていただんだろうなあと思います。

今はそれがありません。

空腹が快感に変わる

朝食抜き。最初はたしかに午前中おなかがすきます。

が、3日もたてば慣れます。

私たちの身の回りには食べるモノがあふれている。

おなかがすけば、チョコやせんべいをつまむなんて簡単。

おなかがすいている状態というのに、体が慣れていない。

朝食抜きにすることで、空腹状態に体が適応できるようになります。

やがて空腹が快感に感じるようになる。

集中力が増してきます。

そして、気づけば「まだ、この時間?」となる、というわけです。

1日2食についての本はたくさんあります。

ぜひご参考にしてみてください。

【関連記事】

老いないために何を食べ、何を食べないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA