魅惑の千夜一夜・エジプトのホテルの誘惑

エジプト「ホテル・ムディーラ」

ホテル・ムディーラ(ルクソール)

  エジプトといえば古代遺跡というイメージがあるが、魅力はそれだけに終わらない。最近では、チェーン系ホテルとは異なる、デザイン性に優れた個性豊かなホテルが次々と登場している。いわば、滞在そのものを楽しむようなホテル。
 デザイナーやオーナー自らの手でデザインされたそれらのホテルは、中東ならではのオリエンタルなムードに包まれ、一部屋一部屋に心をこめた、ぬくもりや温かみを感じさせるインテリアが、自分の家にいるようなくつろぎを与えてくれる。

アドレレ・アメラール(シーワ・オアシス)

アドレレ・アメラール(シーワ・オアシス)

 リビアとの国境に近いシーワ・オアシスには、環境に配慮し、地元の自然の素材で建てられたエコロッジも生まれている。

 

タズリー(シーワ・オアシス)

タズリー(シーワ・オアシス)

 電気はなく、キャンドルとガスランプの灯りが醸し出す幻想的でロマンチックな夜。日常から離れ、ゆったりと流れる時間の中で、滞在客は誰もが自然と時計をはずし、携帯のスイッチを切るようになるという。
 

 あるホテルで出会った、終の住処を探して世界中を旅しているイギリス人夫婦がいった。「今まで住みたいと思ったのはアイルランドとタヒチ、もう一つはここ」。
 そのホテルに泊まりたいから行く、そんな旅がしてみたくなる

 

Hotel Al Moudira Luxor(ルクソール)
54の部屋は、レバノン人女性オーナー、マダム・ゼイナのデザイン。ファラオの部屋、トルコ宮殿の部屋など独自のテーマを持ち、すべて内装が違う。

住所:West Bank Luxor
TEL:+20 123251307(携帯)
E-mail:contact@moudira.com
URL:http://www.moudira.com

Taziry(シーワ・オアシス)
住宅の建築家とインテリアデザイナーの夫婦が手がけたホテル。部屋ごとにデザインが違い、ゲストは仲良くなると互いの部屋を訪問しあう。

住所:Makari Village Siwa
TEL: +20 233370842 (予約オフィス)
E-mail: reservation@taziry.com
URL:http://www.taziry.com/
カイロ国際空港からホテルまで、格安のシャトルバスを頼むこともできる。
予約は、カイロの予約オフィスを通じて、電話かメールで。

Adrere Amellal(シーワ・オアシス)
レストランでは、自家菜園でとれたオーガニックの食材を使用。安らぎと静寂を求めて、自家用ジェットで休暇に訪れる欧米客もいる。

住所:Maraki Village Siwa
TEL:+20 464601299