シリアのとんがり帽子の村でホームステイ

 

シリアの村

 シリアのとんがり帽子の家の村に泊まりました。中部の町ハマから車で20分ほどの場所にある村です。

 シリアの村長村の人たちは、元ベドウィン(アラブ系遊牧民)で、250年ほど前に村に定住したそうです。現在暮らしているのは40家族ほど。同じ家族を祖先とする人たちです。

 村長ラドワンさんの家に招かれました。リビングに、まるで博物館から抜け出してきたかのような立派なコーヒーセットが。

 ここでのコーヒーの飲み方は、少し変わっています。一杯飲みほして「もういらない」と合図しないかぎり、おかわりが注がれ続けるのです。私はこれを知らず、注がれるままに何杯も飲み続け、お腹がガボガボになってしまいました。

 村ではもめ事などが起こると、警察ではなく村長が解決します。そのためラドワンさんの家には、いつも誰かが出入りしています。その際には必ずコーヒーでもてなすため、 彼は一日のほとんどをコーヒーを飲んで過ごす。一日に飲むコーヒーは、20杯以上だとか。

 実は私はこの村に15年以上前にも来たことがありました。その時も彼のに家に招かれたらしいのです。ところが、私はすっかり忘れてしまっていました。

 以前招かれたのは、とんがり帽子の家だったようです。その頃は、今家族が暮らしているコンクリートの家はありませんでした。現在、村のとんがり帽子の家は、家畜小屋や倉庫として使われていることが多いとのこと。全く使われなくなってしまったものもあり、そういうものは急速に朽ちてしまいます。

 「あんた前回会った時は、男だと思ったけど」とラドワンさん。
「あの時は髪が短かったから男じゃと思っとったよ。今はスカーフをかぶってるから、女だとわかったんだ」

 ここの女性たちは、みな髪が長く、また女が1人旅する習慣も、ここにはありません。そして私の服装は今も当時も、色気のないダボダボズボン。だからって、男にまちがえられるなとは……。

シリアのおうちごはん

夕食をいただいた。キャベツの煮込みやほうれん草の煮込みなど、野菜が豊富でした。

 

 夕食のもてなしは、ほうれん草の煮込みとキャベツの煮込み、ヨーグルトなどでした。すべて自家製。料理を載せた丸い大きなお盆を囲みます。料理はホブスという平たいパンで料理をはさんで食べます。

 この後の話は、「女ひとり、イスラム旅」にて。シリアの他の地域の話も載っています。