Profile

 

 

常見藤代 Fujiyo Tsunemi

イスラム📷エスノグラファー。

群馬県生まれ。東京都在住。
上智大学法学部卒業後、写真のテーマを探してアジア・アフリカを放浪。エジプトにてアラビア語を学ぶ。

2003年よりエジプトの砂漠で一人で遊牧する女性サイーダと暮らしながら取材。これまで各地で写真展、講演会を開催。

2008年『砂漠のサイーダさん』(福音館書店)出版。同作により「第19回旅の文化研究奨励賞」受賞。2011年「第9回開高健ノンフィクション賞」最終選考ノミネート。

他著書に 『女ノマド、一人砂漠に生きる』(集英社)  『ニワトリとともに』(農文協) 『女ひとり、イスラム旅』(朝日新聞出版) 『アフマド毎日がもりだくさん』(偕成社)『イスラム流幸せな生き方』(光文社)などがある。
日本文芸家協会会員。

Fujiyo Tsunemi

Born in Gunma Prefecture in 1967. After graduating from Sophia University, Faculty of Law, she wandered in Asia and Africa looking for the theme of the photograph and studied Arabic in Egypt. From 2003, she has been covering a nomadic woman in the Egyptian desert. In 2012,Tsunemi won the 19th Tourism Culture Research Encouragement Award.

Tsunemi has written several books (all in Japanese) such as Saida in the Desert (Fukuinkan Shoten Publishers, Inc), Nomadic Woman Living alone in a desert (Shueisha), With Chickens (Rural Culture Association Japan), One Woman, Islamic Journey (Asahi Shimbun Publications Inc.) and Ahmad Lots of things to do everyday (KAISEI-SHA).

Contact: fujiyo777@gmail.com


■作品集■
『女ノマド、一人砂漠に生きる』(集英社)

『砂漠のサイーダさん』(福音館書店)
『ニワトリとともに』(農文協)
『女ひとり、イスラム旅』(朝日新聞出版)
『エジプト アフマド 毎日がもりだくさん! (世界のともだち)』(偕成社)
『イスラム流幸せな生き方』(光文社)


■メディア掲載■
朝日新聞」「読売新聞」「東京新聞」「日刊ゲンダイ」「日経新聞」「埼玉新聞」「上毛新聞」「AERA」「週刊朝日」「週刊新潮」「サンデー毎日」「週刊現代」「季刊民族学」「グラフィケーション」「世界」「ふぇみん」「ワールドトレンド」「中央公論」「」「フォトテクニック」「パンプキン」「聖教新聞」「都市問題」 「小説トリッパー」他多数


■ラジオ・TV出演■

「NHKパキスタン放送」「J-WAVE」「テレビ埼玉」「としまテレビ」「江東区CATV」他


講演会
「在パキスタン日本国大使館」、「東京プレスクラブ」「八重洲ブックセンター」「都ホテル」「新宿Naked Loft「本屋B&B」「ダーウィンルーム」「ふろむあーすカフェオハナ」「旅の本屋のまど」「リノベーションカフェそら庵」他


■個展■

「Welcome to Cairo!」(1999年・新宿コニカプラザ)
「ファインプリント・光への探求」(2004年・アートプランニングルーム青山)に参加。
「Becoming the Legend」(2006年新宿コニカプラザ)
「Saieda-砂漠の荒野に生きる」(2007年・共同通信社本社・ギャラリーウオーク)
「Saieda-砂漠の荒野に生きる」(2008年 らぷらす 世田谷区立男女共同参画センター)
砂漠の荒野に生きるーベドウィン女性と暮らして」(2009年・ジュンク堂書店池袋本店)
「砂漠のサイーダさん」(2010年清春 旅と空想の美術館
「イスラーム ヴェールの向こう」(2018年シリウスギャラリー)

   ■さらに詳しいプロフィール

         bio

 

メディア掲載・出版・講演その他

 

ふぇみん・常見藤代インタビューContact: fujiyo777@gmail.com