バングラデシュの花嫁

バングラデシュの結婚式に参加しました。

bangladesh-wedding-18新婦の名はミリさん(27歳・歯科医)。彼女はふとしたきっかけで、軍人の男性と知り合い、恋に落ちました。やがて結婚を意識する仲に。

しかし父親はこれに大反対。彼女の両親や親せきは、すべて医者。皆が彼女を医者と結婚させたがっていました。「医者同士なら、相手の生活スタイルをよく理解できるから」というのが理由です。

bangladesh-wedding-1バングラデシュでは、今でも親が決めた相手との結婚が主流です。

父親は彼女の気持ちを変えさせるため、次々に良い縁談をもってきました。ロンドンで経済学の修士合を取得し、経済省で働いている役人など・・・。

彼女はそれには見向きもしない。そんな彼女に腹を立てた父親は、1年間彼女と口をききませんでした。

ようやく父親が折れたのは、ミリさんのおじいさんの助言があったからでした。「ミリが好きな人と結婚するのが、彼女が幸せになるいちばん良いのではないか」。

 バングラは家族親族のつながりが強く、娘が結婚する際には、親戚中に相談して意見を求めます。とりわけ年長者の言うことは尊重しなければなりません。 

とはいっても、あくまで決定権があるのは父親、おじさん。それでも、おじいさんの意見には、父親の気持ちを動かすものがあったようです。

おじいさんは、日本在住30年以上。彼は言います。「バングラデシュは世界で最も貧しく、日本のように恋愛・結婚が自由にできない。それでも日本に比べて自殺が少ないのは、強い親戚関係があるからです」。

結婚式1日目「ガエ・ホルード」

 

バングラデシュの結婚式は3~4日間行われます。

ミリさんの顔にターメリックを付ける父親

ミリさんの顔にターメリックを付ける父親

1日目は「ガエ・ホールド」という花嫁の肌にターメリックを塗る儀式。ターメリックは女性の肌を柔らかくし、美しくすると信じられています。

ゲストの人たちは、各自ターメリックのペーストを指先にのせ、それを花嫁の顔に塗ります。

2日目に花婿の家で同じ式が行われます。花嫁・花婿合同で行うこともあります。

花嫁側の披露宴

 

美容院で身づくろいする花嫁

美容院で身づくろいする花嫁

この日新婦は朝9時に美容院に入り、まずは入念に化粧。

化粧が終わると、手に絵の具のようなもので入念に絵を描きます(メヘンディ)。bangladesh-wedding-12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この上に、さらに細かい赤や金の粉をふりかける。その後サリーに着替えます。
 
ここは花嫁専門の美容院らしく、入れ替わり立ち代わり花嫁がやってきてます。手に絵の具で絵を描かれたり、着替えをしたり。なかなか商売繁盛の様子。
 
すべての支度が終わったのは正午近く。費用は8000タカ(約1万円)でした。
 

来た人から食事

 

外で待っていた親戚の車で会場へ。場所は近くのコミュニティセンター(公民館)でした。まるで学校の建物のような色気のない建物。中にはプラスチックのイスとテーブルが置かれていました。

bangladesh-wedding-1-2驚いたのは、来た人から次々に食事を食べ始めること! 開会のあいさつなどは一切なく、食べ終わった人はさっさと帰る! 服装も普段着の方が多く、ずいぶん気軽な式です。

 バングラデシュは親族のつながりが強いため、披露宴の招待客は平均300人、多い場合は1000人くらいになるそう。それを収容できる広い会場がないため、来た人から順に食べて退場するのです。

bangladesh-wedding-16この日は新婦側の招待客が600人、新郎側が100人。1週間あとの新郎のパーティでは、新婦側が100人、新郎側が600人になるそうです。
 

この日新郎が到着したのは、式も後半になってから。それまでに帰ってしまった客もたくさんいます。そういう方は、1年ほど前の婚約パーティで新郎に会っているので、問題ないそうです。

以前見たラオスの結婚式を思い出しました。そこでも来た客からすぐに食べはじめ、ビールをガンガン飲み、食べ終わったらさっさと帰っていました。違いといえば「ビールがない」ことでしょうか。

料理は手で

 

食事作法はバングラデシュ流です。お客たちはまずテーブルの上のお皿(裏返しに置いてある)を上にし、コップの水をお皿の上にかけながら右手を洗う。その水でお皿を洗います。

洗い終わったら、水をテーブル中央に置かれたボールに移す。そして、お皿にお米をよそる。

料理はチキんカレー、ビーフカレー、マトンカレーと肉のオンパレード。野菜は、付け合わせの刻んだきゅうりと玉ねぎ、レモンだけです。
 
皿に盛った米とカレーを、手で混ぜ合わせながら食べる。手で食べるのは、特に肉を食べる場合に便利です。ナイフとフォークでは、骨つきの肉はやはり食べずらい。
 

そして、このカレー。同じカレーといっても、それぞれ味付けが違う。この日の料理は、出張ケータリング集団が作ったもの。チーフのシェフは料理がうまいことで有名だそう。

ボーイは12,3人いて、サービスもぬかりありません。皿が空になったのを見て、すかさず料理をよそったり、追加のカレーを持ってきたり、てきぱきと動いていました。さすが、有名シェフの集団だけあります。

遅れて新郎が到着

 

bangladesh-wedding-1-3

 

彼が到着すると、センターの正門入り口で赤いテープがはられます。新郎を「とうせんぼう」する形です。ここで親睦を深めるゲームが行われます。

新婦達の従兄弟たちが「俺たちが今日のために、綺麗に会場を飾り付けした。だからお金を払え」と言うと、
(新郎)「だったら、1万タカでいいかな?」
「それじゃ少ない。2万タカはもらわないと」
(新郎)「それは払えない。ちょっとまけて」
「それなら、この結婚は無しさ」
(新郎)「そんなむちゃな。わかりましたよ、払います」

・・・といった会話が交わされ、用意されたマリーゴールドの花びらを新郎に振りかける。そして、めでたく新郎は会場の中に。
bangladesh-wedding-19
最後、他の招待客がおおむね帰り、近い親戚だけになったころ、新婦の両親と新郎新婦の誓いの儀式が行われました。皆が中央で手を合わせて誓いあうもの。ミリさんの目には、涙があふれていました。
bangladesh-wedding-20

新郎新婦のための特別料理「子ヤギの丸焼き」