Tulang島(フィリピン・カモテス諸島)の学校訪問

 

_MG_4899フィリピン「最後の秘境」と言われるカモテス諸島。そこに、とても小さな島「Tulang島があります。

カモテス諸島の村 Tulang Daku から船で渡ります。

_MG_4849船でわずか5分。本当は地元の人が乗る船があるらしく、それなら、一人5ペソらしいのですが、、、。

船着き場に来ると、すかさず船頭がよってきて、「150ペソ」だ。交渉して、往復で100ペソということで、島へ。
ま、しかたがない。

_MG_4893島のメインストリート

_MG_4867細長い島で、横幅は30メートルくらい。メインストリートを歩いていると両脇に青い海が見えます。「津波が来たら怖いな」というのは、日本人的感覚でしょうか・・・。

IMG_4866涼しそうな家。

IMG_4861午後2時という時間もあるのか、軒先で昼寝している人を多数見かけました。外から見える場所で平気で昼寝している人が多い。みんなやっているってこともあるし、それだけ平和でのどかなんでしょうねえ。。。

_MG_4868どこの家にも「・・さんの家」というプレートがあります。誰が住んでいるか、一目瞭然。

_MG_4881海をみて、ほっと一息。

_MG_4884
集落をすぎて、少し歩いた場所に、ぽつんと小学校がありました。

もちろん島でたったの1つの学校。幼稚園からグレード7(中学校1年生)がいっしょになった学校です。

IMG_4885
フィリピンの学校はどこでもウェルカム。突然の訪問に快く迎えてくれました!

この学校には電気がありません。だから扇風機はなく、もちろん冷房も。

IMG_4886「天気が良い日はいいけど、雨の日は少し暗いわね」とお話ししてくれた女の先生。

島には発電機で電気を起こしている家が3,4軒あって、そこから電気を買っている家もあるそう。

そういえば、民家の間を歩いているとき、一軒の家でテレビを見ていて、人だかりができていましたっけ。
IMG_4874

飲み水は雨水だそうです。

IMG_4889「間違いは正されるべきものだが、屈辱されるべきものではない」と書いた教室のポスター。

島には売店がないので、水のご用意を!

IMG_4876 本当になごむ島です。

【関連記事】
「最後の秘境」カモテス諸島(セブ島東)の行き方・楽しみ方
誰にも教えたくない、とっておきの島「バンタヤン島」(フィリピン・セブ)
コストパフォーマンス最高!バンタヤン島のホテル「Adelaida Pensionne Hotel」
セブ島北部のパラダイス「マラパスクア島」に行ってきました
日本人が知らないフィリピン料理の安さと美味しさ
フィリピンでおいしいものに出会う方法
「フィリピン・セブ女一人旅」を快適にする5つのもの
ダイビングで有名なフィリピン・アポ島に滞在
フィリピン・アポ島への行き方とホテル
居心地抜群の町サンカルロスの見どころとホテル(フィリピン・ネグロス島)

コメントを残す