〈フィリピン〉アポ島への行き方とホテル

ダイビングで有名なフィリピンのアポ島。個人で行く場合の行き方、ホテルなどをご紹介します。

アポ島への行き方

●ドゥマゲッティからマラタパイ(Malatapay)へ

ドマゲティはネグロス島南の町。

この町のバスターミナルでマラタパイに行くバスに乗ります。ターミナルに行く人に「マラタパイに行くバスはどれ?」などと聞けば、教えてくれます。

バスで約30分。料金は30ペソほどです。

●アポ島への船に乗る

幹線道路から海の方に歩いていくと、アポ島行きの船乗り場があります。

_MG_3986船着き場までの道

_MG_3849船着き場。

船は人が集まったら出発。4人で一隻をチャーターする場合と8人でチャーターする場合があり、
4人乗りは2000ペソ、8人乗りは3000ペソ。それぞれを人数で割ることになります。

_MG_3856こんな小さな船なので、かなり揺れます。

午前中は比較的波が静かですが、午後はかなり荒れます。なので、日帰りの場合、午前中早い時間に帰る必要が。
だから最低でも一泊するのが良いですね。

アポ島のホテル

島には2つのホテルと、いくつかのホームステイがあります。

私が泊まったのは、Mario’s Scuba Diving and Homestay

apo 3 mario船着き場から歩いて5分くらいの場所にあります。元村長・マリオ氏は海の知識も豊富。人柄も誠実で、楽しく滞在できました。

_MG_3859一泊500ペソ(約1200円)。予約したのが前日だったため、狭い部屋しか空いていませんでした。ピークシーズンの11月~3月くらいは、早めに予約したほうが良いです。

IMG_3972夕食のツナ・ステーキと野菜炒め。魚か肉か選べます。食事は別料金で100~200ペソ。ツナを炭火で焼いただけのシンプルな料理。その分野性的な味が楽しめました。好みでしょうゆ、塩、コショウ、酢などで味付け。

島には食堂やレストランがないので、泊まっているホテルで食べることになります。

他に、こんなホテルもあります。ご参考までに。

・アポアイランドビーチリゾートApo Island Beach Resort 
http://www.apoislandresort.com/home
ロマンチックな雰囲気でカップルにおすすめ? ウミガメポイントから遠く、前の海にそれほどサンゴがないので、ビーチでくつろぐ滞在に向いています。

・リバティロッジ 
http://www.apoisland.com/
港のすぐ近くで便利。でも、ちょっとわさわさ感があるかも。

【関連記事】
日本人が知らないフィリピン料理の安さと美味しさ
ダイビングで有名なフィリピン・アポ島に滞在

コメントを残す