『ヒトはなぜ冒険するのか』(ダーウィンルーム)第4回【異文化】『女ひとり、イスラムの地に魅せられて』を担当します。

満員御礼。好評のうちに終了いたしました。

下北沢の書店「ダーウィンルーム」連続講座「人はなぜ冒険するのか」を連続開催しています。

次の4回目は【異文化】『女ひとり、イスラムの地に魅せられて』で、私が担当いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ダーウィンルーム「人はなぜ冒険をするのか」

第4回 【異文化】『女ひとり、イスラムの地に魅せられて』
 日 時:6月3日(土) 16:00~18:00/開場30分前
 ゲスト:常見 藤代さん|写真家
 キュレーター:江藤 孝治さん|映画監督・TV番組ディレクター
 参加費:¥2,500 税込/ドリンク付き

 ▶常見藤代写真展:5月26日(金) ~6月2日(金) 12:30~20:00
 ドリンクチャージ:¥500 税込 在廊日:5月28日(日) ※予定

【トーク前に必見!】
常見藤代 写真展▶︎5月26日 (金) 〜6月2日 (金) 12:30〜20:00 ドリンクチャージ:¥500 税込
在廊日:5月28日 (日) 午後1〜6時

「抑圧されたイスラム女性」。 よくこんな言葉を聞きます。 私は2003年からエジプトの砂 漠で一人で遊牧する女性と暮らし、そのほかイスラム圏各地で多くの家族と寝食をともにしてきました。そこで出会っ た女性たちは、日本でステレオタイプ的に語られるのとは異なる、しなやかに人生を謳 歌する人たちでした。 おめでたい場では歌い、踊る。男性を部下に持ち、組織を統括する女性支店長もいる。 ベールにしても自由を奪うものではなく、美しい部分を大 切な人にだけ見せるためのもの。外では地味に装い、家では夫のために赤い口紅をひく。 ベールのおかげで外見の良し悪しで差別されることなく、仕事は実力で評価される。
イスラム圏の情報は戦争や テロを伝えるニュース報道に偏り、「暴力的」、「怖い」などのイメージを持たれがちです。しかし自分の足で歩き、自分の目で見れば、また違った世界が見えてくる。そんな自らの先入観をくつがえし、世界を知る楽しみをお伝えしたいと思います。

<プロフィール>
・常見 藤代|つねみ ふじよ
写真家。上智大学法学部卒。大学在学中、インドネシア旅行を機に写真を撮り始める。以後、20年以上にわたり中東イスラム圏を取材。2003年よりエジプトの砂漠で一人で遊牧する女性サイーダと暮らしながら取材。全国各地で写真展、講演会を開催。「第 19 回旅の文化研究奨励賞」受賞。2011年「第9回開高健ノンフィクション賞」最終選考ノミネート。
著書は『砂漠のサイーダさん』(福音館書店)『女ノマド、一人砂漠に生きる』(集英社)『ニワトリとともに』(農文協)『女ひとり、イスラム旅』(朝日新聞出版)『アフマド毎日がもりだくさん』(偕成社)など。

・江藤 孝治|えとう たかはる
映画監督・TV番組ディレクター。1985年、福岡県生まれ。
2009年度 武蔵野美術大学大学院視覚伝達デザインコース修了。大学在学中、探検家・関野吉晴氏に師事し、同氏の探検プロジェクトに帯同しながらカメラを回したドキュメンタリー映画『僕らのカヌーができるまで』(芸術文化振興基金助成作品/武蔵野美術大学卒業制作展優秀賞)を制作。大学院修了後、映像制作会社「グループ現代」に所属し、NHKのドキュメンタリー番組や、企業PR映像制作などを手がける。2014年、若手現代美術家の加藤翼を追ったドキュメンタリー映画『ミタケオヤシン』が公開。2016年9月より、映像制作会社「ネツゲン」に所属。

<お問い合わせ先>
好奇心の森「ダーウィンルーム」 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-31-8
tel&fax:03-6805-2638 e -mail:darwinroom@me.com
http://www.darwinroom.com/

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告