ヒジャーブ姿でおしゃれできない?イスラム女性のヒジャーブ・ファッション

ムスリム女性(イスラム教徒の女性)は、スカーフで髪を隠し、身体のラインを隠しています。

ではイスラム女性はおしゃれと無縁なの? いえいえ、そんなことはありません。

日本と「おしゃれの意味」が違うだけです。

見せるおしゃれと隠すおしゃれ

まずはおしゃれの方法です。

日本のおしゃれは、「見せるおしゃれ」と言えます。

ウェストラインやヒップラインを魅力的に見せたり、時には胸元や太ももをもチラ見せすることもある。

対してイスラムでは「隠すおしゃれ」です。外出時はチャドルやアバーヤなど黒いコートで身体を包みます。

でも中はTシャツやジーパンだったり、時にはカラフルなタンクトップ。私たちとまったく変わらない服装です。

またチャドル やアバーヤも真っ黒な喪服のようなものだと思われがちですが、実はそうではありません。

袖や襟の部分に細やかな刺繍が施されていたり、ちゃんとおしゃれ心が表現されているのです。

おしゃれの集中投資と分散投資

そして違うのは、おしゃれを向ける「相手先」。

その相手が不特定多数なのか、特定の相手なのか、とうこと。

日本の場合、恋人や好きな人のためにおしゃれする人もいますが、どちらかというと誰かの目を意識していというより、不特定多数の他人に向けたものです。

対してイスラム女性のおしゃれは「自分を愛してくれる夫」にだけ見せるもの。

「化粧をするのは家の中だけ」という女性も実はたくさんいるのです。

ヒジャーブはオシャレアイテム

そして髪を隠すヒジャーブ。実はこれもイスラム女性達のれっきとしたファッション・アイテムになっています。

エジプトの女性。ピンクなどカラフルな色のスカーフは、向こうでは当たり前。

現地に行って驚くのは、女性達が身につけるヒジャーブがとてもカラフルだとうこと。

赤やピンクなど原色のものも多く、日本だったらとってもこんな物を身につけて外を歩けないというくらい派手です。

でも彫りの深いアラブ女性達が身につけると、違和感が全くありません。

ヒジャーブは完璧にファッションなのです

実際有名なデザイナーがデザインしたものもたくさんあります。

ヒジャーブ

エジプトの女性達が身につけるヒジャーブは、とてもカラフル。色も様々なものがあります。

たしかにヒジャーブには宗教から発して、本来戒律を守るという側面もあるものの、今や必ずしもそればかりではありません。

女性達はヒジャーブでおしゃれを楽しんでいるのです。

 
 

コメントを残す