イスラム女性の服装=ヒジャブ、チャドル、二カーブ、アバーヤって何?

イスラム女性は髪や肌を隠しています。理由は「外に表われているものの他は、彼女たちの美や飾りを目立たせてはならない」と、聖典コーランにあるため。

「外に表れているもの」って何?ですが、普通は手や顔と考えられ、それ以外を隠すのがルールとなっています。

その隠す布。地域や国によって様々なものがあります。大きく分けると、以下の5つです。

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告

①「ヒジャブ」

Hijab 1 5ヴェールのこと。髪を隠す布としては最もポピュラーなものです。

②「ヒマール」

Himar 1ヒジャブよりもっと隠す部分が多くなり、背中全体と腰まで隠します。年配や村の女性が多く身につけています。写真はエジプト。

③「ニカブ」

Hijab 1顔も隠すもの。色は黒が多いです。

4「アバヤ」

Abaya 1黒いガウン。サウジアラビアなど湾岸諸国の女性が身につけています。丈は足首までかくれるくらい。これと黒いヒジャブを身につけるのが一般的です。

⑤「チャドル」

Chador 1 6イラン女性の服装で、大きな布を頭からすっぽり覆うもの。色は黒の他、花柄模様もあります。

以上。これらのうちどれを着けるかは、一部をのぞいて特に決まりはありません。だから同じ国・街でも女性たちの服装は様々です。

Hijab 1 4モロッコの街角で。顔まで隠している女性もいれば、スパッツをはいて自転車にまたがっている女性もいます。

ヒジャブのつけ方は自由

①ヒジャブですが、そのにつけ方(巻き方?)は自由です。

よくあるのは、髪がはみ出さないよう顔周りをぴったり布で包み込むもの。

Hijab 1 7額からの髪はみ出すのを防ぐため、内側に「インナー・ヒジャブ」をつけることもあります。色は黒か白が多い。

ピンを使わず、ただぐるりと巻くだけでもOK。
Hijab 1 3
チュニジアやバングラデシュなどイスラムの戒律がゆるい国では、こんなラフなヒジャブ姿の女性が多いです。写真はチュニジアの女性。

ヒジャブはおしゃれアイテム

髪や肌を隠さなきゃいけないから、おしゃれできないのでは?
それは全くの誤解です。

Hijab 1 2

見てください、現地の女性はこんな風にヒジャブをつけてるんですよ。彼女たちのヒジャブは、とてもカラフル。ピンクや赤、黄色など原色系も多いのです。(↑エジプトの女性)

有名なデザイナーがデザインしたものもあり、完全な「おしゃれアイテム」です。

若い女性たちは、小物と服とヒジャブをトータルでコーディネートするのも当たり前。

Hijab 1 6

こうして、現地では「モデル?」と思うような綺麗で可愛い女子がたくさん町を闊歩しています。

【関連記事】

男性は脱がせたい生き物。イスラム女性がスカーフやヴェールで髪や肌を隠す本当の理由

心で男性を誘惑し女性に力を与える。イスラム女性のスカーフについて私たちが知らないこと。 

「婚活に有利」など実はメリットが多いイスラム女性のスカーフ

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告